日本酒「ひやおろし」

皆さん、こんにちは。料飲部の堀井です。今回は、日本酒「ひやおろし」についてお話をさせていただきます。

ひやおろし2.JPG

「ひやおろし」とは、冬に仕込んだ新酒を、1度火入れをします。その後、暑い夏の期間、涼しい蔵の中で貯蔵させることで、程よく熟成させたお酒(酸味・苦味・辛味・渋味・甘味の五味がととのいます)が、秋の声を聞き始めた頃、2度目の火入れをせずに瓶詰めし出荷されるお酒のことです(熟成生詰純米酒と言います)。

昔は「冷や」のまま貯蔵用の桶から樽に「おろして」瓶詰めしたことから、現在でも「冷やおろし」と呼ばれています。「秋」に「あがってくる」お酒として、「秋あがり」とも言われます。

毎年9月9日(重陽の節句)が、冷やおろし解禁日とされており、古来日本では縁起の良い「9」の数字が2つに重なることから、長寿を願い菊の花を飾ったり、菊の花をお酒に浮かべて飲んだりしていたそうです。

私は日本酒が大好きなので「ひやおろし」を飲んだ事があるのですが、味を言葉で説明しますとなかなか難しいのですが、落ち着いた旨味とコクと言いましょうか。しぼりたての荒々しさがなくなっているので、なめらかな口当たりが楽しめるのが良かったですね。なんと言っても料理の味も損ねないと言うのが良いです。

酒蔵でも「ひやおろし」を製造していれば、試飲が出来るかも知れませんよ!

ここ淡路島では、都美人酒造蠅破菁2種類の「ひやおろし」が出ています。「雲のごとく」「風のまゝ」です。興味があるようでしたら、一度召し上がってみてください。それでは、次回をお楽しみに!