淡路島レタス

皆さん、こんにちは。料飲部の桐本です。

今回は、淡路島レタスについてお話をさせていただきます。淡路島では、玉葱のほかレタスもよくとれるのです。

レタス2.JPG

「淡路島レタス」は秋が旬の食材でもあります。全国有数のレタス産地です。新鮮なレタスをお届けするために全期間真空予冷(約5℃)をして運んでいるそうですよ。

〜レタスはどこから来たのでしょうか?〜
 ペルシャが原産国と言われていて、レタスの野生種は古くから地中海沿岸、西アジアに渡り広く分布していたそうです。紀元前6世紀には栽培もされていて、古代ローマ、エジプト、ギリシャ時代には、既に一般的に食べられていたようで、古代ギリシャの哲学者アリストテレスも食べていた?と言われています。

レタスは生でサラダが定番です(私はマヨネーズをつけてよく食べます)が、その他にチャーハンやスープ、シャブシャブの温野菜としてもおいしくいただけますよ。当ホテルでは、朝食のサラダや夕食のお鍋の温野菜としてご用意しています。

それでは、次回をお楽しみに!