紅葉の季節です!

こんにちは!
今日は淡路の紅葉スポットを紹介したいと思います。


主なスポットは2箇所あるんですが、1箇所は諭鶴羽ダム公園。
こちらは以前紹介させていただきました。(2010年10月28日のブログをご覧下さい)



もう1箇所は、東山寺(とうさんじ)です。
今回はこちらを紹介します!!


tyou-tousannji211.jpg


東山寺は、弘法大師によって弘仁10年(西暦819年)に建立された真言宗の由緒ある寺院です。
かつての伽藍は不慮の火災で全焼し、弘安8年(西暦1286年)に再興されました。
山門は淡路最古の木造建築物です。

本尊は千手観音です。1本の栗の大木から3体を彫ったもので、洲本市の千光寺と淡路市の堂隆寺とは木兄弟です。
また、別尊として、薬師堂には国の重要文化財に指定されている薬師如来像と十二神将立像を奉祀しています。ちなみにこの薬師如来像と十二神将立像は、京都岩清水八幡宮の別当護国寺の霊仏として尊崇されていたものが、明治初年に奇縁あってこの寺に奉遷されたものです。かつては国宝に指定されていたんですよ。


参道や境内にはこの時期真っ赤に色づいた紅葉が見られ、更に夜間は紅葉のライトアップもされています。
その他にもサクラやフジ、タイサンボクなど、それぞれの季節ごとに花や木々を見ることができます。

viewimg.jpg


この時期淡路島にお越しになる方!ぜひ、東山寺の紅葉を見に行ってみてはいかがでしょうか。