淡路夢舞台ラン展2011

みなさんこんにちは!
フロント國井です。


今日は、奇跡の星の植物館で開催されているラン展について紹介したいと思います。

そもそもランとは、南極を除くすべての大陸に自生する植物で、被子植物の中では最も後に地球上に現れた植物なのだそうです。
世界中に約35000種のランがあり、日本でも約230種が自生しています。

奇跡の星の植物館では、1月22日(土)から3月6日(日)までの間、2000種2万株のランが見られます。


dracula.jpg
奇跡の星の植物館名物のひとつ、『ドラキュラ』



cattleya.jpg
洋ランの女王と呼ばれる、『カトレア』



vanda.jpg
美しいブルーの花を咲かせる、『バンダ』



また、様々なランコンテストにおいて最優秀賞を受賞している斉藤氏のランをガーデンで展示しています。

2月27日(日)にはホルガー・ペルナー博士の講演会が行われるようです。

その他に、ランコンテストや、ランオークション、育て方教室などもあるようですので、ランの世界を十分に堪能できそうですね!

世界一のラン展、ぜひ見に行ってみてください!!

kiseki_syokubutu.jpg

【淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館】
  開館時間:10:00〜18:00
  兵庫県淡路市夢舞台4番地
  Tel:(0799)-74-1200