パフェについて

皆さん、こんにちは。料飲部の坂田です。少しずつ暖かくなってきましたね。まだ寒くなる日もあると思いますので、お体には十分気をつけてくださいね。

今回はデザートの中でも皆様が最もご存知の「パフェ」についてお話をさせていただきます。

いちごパフェ1.JPG

「パフェ」は、皆様にとっては慣れ親しんだデザートですね。グラスにアイスクリーム、シャーベット、果物、ホイップクリームなどを交いに重ねて、その間に甘いソースを流し込み、上部をホイップクリームや果物で飾ったものです。しかし、改良されて行ってこの「パフェ」が出来上がったようです。
もともと「パフェ」は、フランス語で「パルフェ(parfait)」と言います。
「パルフェ(parfait)」とは、卵黄と生クリームでつくったアイスクリーム状のもので、グラスなどではなくて、平皿で提供されるデザートなんです。この「パルフェ(parfait)」にさまざまに手が加えられ、現在のパフェが完成したと考えられています。

パフェの種類は?
チョコレートパフェ・チーズパフェ・ヨーグルトパフェ・抹茶パフェ・フルーツパフェ・ミックスフルーツパフェ・バナナパフェ・ストロベリーパフェ・マンゴーパフェ・白桃パフェ・ピーチパフェブドウパフェ・キウィパフェ・メロンパフェ・柿パフェ・アップルパフェ・梨パフェ・サクランボパフェ・柑橘類のパフェ(ミカン、グレープフルーツ、オレンジ等)・プリンパフェ・モンブランパフェ・ミルフィーユパフェ・ティラミスパフェ・カボチャパフェ等、様々です。その他にも沢山の種類があるようです。

それでは、次回はショートケーキの由来についてお話をさせていただきます。お楽しみに!