じゃがいも

こんにちは!夢海游飲料部の濱岡です。今年も残す所およそ2ヶ月になりましたね。早いものです。


220px-Potatoes.jpg

さて、今回は「しゃがいも」をご紹介します。じゃがいもに旬があるなんて初めて知りましたが、実は10月〜11月が食べごろなんですよ!しかも、ナス科ナス属の食べ物だなんて驚きです。
じゃがいもで有名なのが北海道ですが、北海道のじゃがいもの収穫は夏の終わりから秋なんですが、長崎では冬に植えつけて春に出荷するんですねー。

地方名で、「きんかいも」とも呼ばれています。(「きんか」とは金柑転じて禿げのこと)。また、1年に2〜3回収穫できることから「にどいも(二度芋)」「さんどいも(三度芋)」とも呼ばれます。「南京イモ」「ごしょいも」と呼ばれる事もあるようです。

ビタミン、デンプンが豊富に含まれていて、茹でる等簡単な調理で食べれる上に熱でもビタミンが壊れにくいため江戸時代では米等の穀物の代用品として食べられじゃがいもによって飢餓から救われたという記録が残っています。このために「お助けイモ」と呼ばれた事があります。じゃがいもってすごいですねー

今からの季節、カレーやシチュー、肉じゃが、おでんにじゃがいもは大活躍です!是非、この季節風邪もひきやすいですので栄養価の高いじゃがいもを食べて、寒い季節を乗り切りましょう!

ちなみに淡路島ではじゃがいも収穫体験ができますので是非体験してみてください!
http://www.takataya.jp/experience/farm.htm