淡路人形座グランドオープン

人形浄瑠璃 鞍馬山 (1).jpg

人形浄瑠璃 神泉・1.jpg

この度、淡路島の伝統芸能の発信基地として淡路人形座の新会館が
淡路島の鳴門海峡に面した福良港に完成し2012年8月8日に
グランドオープンいたします。新会館は福良バスターミナルや、
鳴門の渦潮を観覧できるクルーズ船の乗り場がすぐ近くで、とても便利な
立地です。

淡路人形浄瑠璃は約500年の歴史を持ち、かつては旅興行などで盛んに活躍
しました。現在では国指定重要無形民俗文化財の伝統芸能として
受け継がれています。淡路人形は一体の人形を3人の黒子がまるで生きて
いるかの様に巧みに操ります。義太夫節の浄瑠璃と人形の動きによって
情感あふれる人形浄瑠璃の魅力的な舞台が展開されます。

500年の歴史を持つ淡路人形浄瑠璃を「聴いて」「見て」「感じて」みて
くださいませ。

淡路人形浄瑠璃公式ウェブサイト