淡路の味覚を楽しめる居酒屋nano-花

みなさま、こんにちは。
夏も終わり、少しだけ涼しく過ごしやすい季節になってきましたね。
淡路島の夏は海、海ホタル、生しらす、と五感で楽しめるようになっております。
夏は鱧の季節、冬になると次はふぐが旬になります、てっさにてっちり、おいしいですよね。
淡路島はお米、お肉、お魚、と何でもおいしく、どんどん淡路らしいお店を発掘したくなります。

そこで先日淡路島の洲本市にあります“nano-花”へ行って参りました。
店内は23席で、いつ行ってもとても賑わっております。
懐石料理もあり、和食が多め、淡路島の味覚を楽しめるお店です。
今が旬の鱧、さざえのつぼ焼きも身が大きく、うにの白子などなかなか食べられない新鮮なものを頂けます。

1週間前にも行きましたが味はもちろん、器がおしゃれだったり盛り付けがきれいだったのですぐに気に入り、2回目の来店をさせて頂きました。

場所もバスセンターから徒歩5分、堀端筋にあり分りやすい場所にあるので立ち寄りやすいです。
写真がないので残念ですが、1度行ってみられる価値は有です!!