淡路島の気になる所

みなさんこんにちは、日曜日ブログ担当の長尾です。
今回の気になる所といいますか、今回もものなのですが、洲本文化資料館前に立っている「お登勢」の像です。
この像は、船村徹原作の「お登勢」がNHKのドラマになったことを記念して作られたものですが、この物語の背景にあるのが庚午事変(別名稲田騒動)という出来事です。

お登勢.JPG

この庚午事変とは明治維新の際に阿波徳島藩の内部で起きた内輪もめで、徳島にとってみれば、江戸期を通して阿波徳島藩の領地であった淡路島がこの内輪もめのせいで結果的に今の兵庫県に移ったという事件です。
 江戸期、阿波の殿様は蜂須賀家でした。稲田家というのは戦国期この蜂須賀家と同格の盟友だった一族ですが、秀吉の配下に入るにあたり、指揮系統上蜂須賀の下にまわり、そのまま蜂須賀家が国持ちの大名になってからもその家老職に甘んじてきた家でした。
蜂須賀家は盟友稲田家に対し淡路の国1国と阿波の国内の美馬郡を領地に与えるという最大の待遇で遇しており、平和な時代はそれでとりあえずこともなくいっていました。(ただし稲田の家来は、蜂須賀の家来と違って、蜂須賀の家来の家来、つまり陪臣ということで差別を受けていたようで、その憤懣は蓄積されていたようです。)
 こういう状況に火をつけることになったのが維新の動乱でした。
 幕末維新の動乱期に、時勢を読む眼もなく確固たる藩の姿勢もなかった阿波蜂須賀藩は洞ヶ峠を決め込み、様子をみていて勝ちそうな側につこうとしました。
 そんな蜂須賀家の姿勢に反して、稲田家だけが鳥羽伏見の戦いの際いち早く軍勢を薩長軍側に送り込み倒幕の旗幟を鮮明にして名をあげました。
 この稲田家の行動は藩内にあっては藩の家老職にありながら藩の方針に従わずスタンドプレーをしたということで藩士たちに「稲田憎し」の感情を植え付けたようです。
 続く版籍奉還では稲田家が、戊辰の戦役の際あれだけ官軍に協力したのに、殿様は華族に、その家来は士族に、そのまた家来は卒族に成ることになったのですが、それでゆくと稲田は士族で、その家来たちは卒族になる。それでは到底生活してゆけないしということで稲田氏はごねました。
稲田家は密かに有力公家に懇願して蜂須賀藩からの分藩を策謀しはじめました。
倒幕の必要性は理解できても、封建制の解体と強力な中央集権国家の建設までは理解できなかったようで、あくまで稲田家も蜂須賀家と同等にということにだけこだわっていたようです。
 そのことに最初にキレタのは蜂須賀家の家臣たちでした。稲田家の蜂須賀家からの分藩の策謀があると知り、淡路の稲田の家来たちをを襲いました。
大砲まで持ち出しての攻撃だったようで、分藩もくそも翌年廃藩置県で藩そのものが日本から消滅していることを考えると、無駄なことをしたものだと思います。
 この「兄弟喧嘩」の知らせに岩倉具視は激怒し蜂須賀藩を取り潰すとまで言ったものだから、ことは一発で収束してしまいました。
その程度のことで収まることなら最初からやるなよといった感じなのですが。。
 その結果、襲った蜂須賀側は首謀者10人が切腹、20数人が八丈島への島流しとなり、襲われた稲田側はかねてより望んでいた家臣の士族としての身分は認められたものの、北海道静内郡と色丹島への移住開拓を命じられ主従ともども北海道に移り住むことになりました。

とまあ、これが庚午事変のあらましです。
こんなことも含めてまた、前回同様みんなに洲本の歴史について知ってもらいたく、書きました。

ではまた、次回のブログでお目にかかります。

クリスマス♪♪

XmasBRUT.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

少〜し気が早いかもしれませんが…
クリスマスのご予定はお決まりでしょうか?

12/21(金)、12/22(土)は1階ロビーにて
クリスマスディナーショーが開催されます☆

今年は、温泉でゆっくり過ごすクリスマスはいかがでしょう?

《聖夜を彩るクリスマスディナーショー ステイプラン》

淡路島の伝統工芸を体験

芸術・文化の秋。伝統工芸に触れながら、世界にひとつだけの思い出を
形にしてみませんか?今回は淡路島の伝統工芸を体験できる施設を
ご紹介させて頂きます。


安冨白土瓦 手作り瓦
■淡路瓦
約400年の伝統を持つ淡路瓦は美しい銀色のサエが特徴のいぶし瓦
を主体に様々な瓦が作られ、日本三大瓦に上げられています。
安冨白土瓦では淡路島で採れた瓦づくりに適した粘土を使って、
土の暖かさを知り物を作りだす事のおもしろさ、楽しさを体験する事が
できます。淡路瓦粘土彫刻体験を通じて大地のすばらしさ、瓦づくりの
先人の知恵を学んでみましょう。
また、こちらではご昼食に淡路島の猪豚や淡路野菜を瓦で焼いて食べる
「かわら焼」も楽しめます。

▼安富白土瓦
http://www.yumekaiyu.com/u.php?id=98


薫寿堂お香・線香
■お香・線香
淡路島は線香の生産高が日本一です。薫寿堂では工場では製造工程を
見学できる他、お香作り教室では自分だけのオリジナルインセンス作りに
挑戦できます。10月1日に工場敷地内にお香教室とショールームが新しく
オープンしていますので、より体験しやすい施設となっています。
また、11月からお香教室の他、匂い袋やキャンドル教室の開催も予定
されています。

▼薫寿堂
http://www.yumekaiyu.com/u.php?id=99

今回ご紹介させて頂いた施設以外にも淡路島には体験施設がいくつも
ございます。興味があり体験される場合は事前に各施設にお問い合わせ
くださいませ。

アニバーサリーに☆

花束.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

記念日でのご宿泊の方へお知らせでございます。

当館では、花束やフラワーアレンジメントを
¥3,150〜でご用意いたします。
お好きなお花や、色合いをお申し付けくださいませ。

ぜひ夢海游淡路島で、
大切な方と一緒に、記憶に残る素敵な旅行をお楽しみくださいね♪

ぶどう

こんにちは。夢海游淡路島濱岡です。秋らしくなり、夜は寒いぐらいですね。最近ようやく布団を出し始めました。

今回ご紹介するのは「ぶどう」です。ぶどうは品種がたくさんあり、食用とワイン用のぶどうに分かれており食用はテーブルグレープ、酒造用はワイングレープと呼ばれています。

また、種無しぶどうは植物ホルモンを利用した方法で、ホルモンの作用により果実内部の種を形成させない方法です。

ぶどうは上にいくほど甘いようで、下から食べるのがお勧めの食べ方です。
選び方は、ぶどうの粒の表面に白い粉がついているのが新鮮なものといわれています。時間が経ち鮮度が落ちるとぶどうの粒が落ちやすくなり枝が黒ずんできます。なお、ぶどうの上の分にある粒が一番甘く、次に下の方が甘く、真中にある粒が一番甘味が弱くなります。

淡路島では今の期間ぶどう狩りが楽しめますので、お越しの際はぜひ体験してみてください
http://www.awajishima-fruits.com/

淡路島の気になるところ

皆さんこんにちは、日曜日ブログ担当の長尾です。
今回の気になるところは、「ところ」ではなく、「人」でお送りしたいと思います。
その人はと言いますと、淡路洲本藩主。後に伊予大洲藩初代藩主になった「脇坂安治」です。
それでは行ってみましょう。

脇坂安治.jpg

脇坂安治は豊臣秀吉の子飼いの武将で羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と柴田勝家が戦った賤ヶ岳の戦いで功を上げた賤ヶ岳七本槍と呼ばれた七人の武将の一人です。
ちなみに七人の武将は以下の通りです。
福島正則・加藤清正・加藤嘉明・平野長泰・糟屋武則・片桐且元そして脇坂安治の七人です。
なお、この戦いで安治は柴田勝政を討ち取ったという説があります。
小牧・長久手の戦いでは伊賀上野城を攻略するなどの手柄をあげました。
その後も、加藤嘉明や九鬼嘉隆らと共に水軍衆の指揮官を務め、九州征伐、小田原征伐や朝鮮出兵などに従軍しました。
小田原征伐では海上から伊豆下田城を攻め落とし、小田原城受け取りの検使も務めています。
関ヶ原の戦いでは、家康側につくつもりでしたが、安治が大坂に滞在していたときに石田三成が挙兵したため(タイミングが悪かったですね)、やむなく約1,000名の兵を率いて西軍に付いたとされています。
また、東軍と内通の風聞があった小早川秀秋に備えて朽木元綱、小川祐忠、赤座直保らと共に配置されていましたが、小早川が黒田長政と通じていたのと同様に、安治もまた藤堂高虎より工作を受けており、午後、小早川隊が大谷隊を攻撃するとそれに乗じて他の3将と共に寝返り、平塚為広 ・戸田重政の両隊を壊滅させました。戦後、石田三成の居城・佐和山城攻略にも参加しています。
同じく寝返った他の3大名と異なり、戦前より家康に味方することを明らかにしていた為、裏切り者ではなく当初からの味方と見なされ、戦後に家康から所領を安堵された。
と、上記のようないろいろなことがあって、1585年から24年間安治は淡路国、洲本城の城主として3万3千石を与えられ居城しました。
1609年、伊予大洲藩5万3,500石に加増移封となり、1615年に次男の安元に家督を譲って隠居しています。
隠居後は大洲を去って京都西洞院に住み、剃髪して臨松院と号しました。
1626年8月6日に京都で亡くなりました。享年73歳でした。
と、脇坂安治の一生をざっと書いてみましたが、洲本城にこられるお客様もそうですが、洲本城に一番近い当館の人たちには地元の大名のことは覚えておいてほしいと思い、今回の記事にしました。(私よりも詳しい方の方が多いでしょうが・・・)
洲本城にお出かけのお客様も安治の事を頭の片隅においていただきながらお越しいただけば、違ったものが見えるかもしれませんよ。
それではまた次回のブログでお目にかかりましょう。

御食国月間

みなさん、こんにちは。
新入社員の西垣です。


すっかり秋の季節で気温も下がり
だんだんと朝布団から出るのが
嫌になってくる季節ですね。

さて、ただいま淡路島では
御食国月間といたしまして
リレーイベントが開催されております。

毎週土曜日、日曜日淡路島の
決まった場所でイベントが
開催されております。
体験ができるイベントや
物産展、食べ物の振舞いもある
イベントもございます。

是非イベント場所に足を運んで
いただき、淡路の美味しい食べ物を
体験してみてはいかがでしょうか。



画像.jpg

淡路ワールドパークONOKORO

ONOKORO.jpg
みなさんこんにちは!
涼しくなってとても過ごしやすい日が続いていますね。
旅行にはピッタリのシーズンです!!

今回は「淡路ワールドパークONOKORO」を紹介します。
淡路島の観光スポットとしてご存知の方もいらっしゃると思いますが、
今月28日を最後に営業を一時休止し、来年3月に再オープンするそうです。
そして休園前の最後の週末27、28日はなんと入園無料です!
遊園地はもちろん、世界の有名な建造物を紹介した
ミニチュアワールドもあるので、大人も子供も楽しめる施設です。
まだ行ったことのない方も是非この機会に行ってみては如何でしょうか?

宝楽焼♪

宝楽焼き4名盛.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

淡路島の郷土料理『宝楽焼』は歴史が古く、
奈良時代に宮人が淡路島へ狩猟に訪れた際、
漁師がもてなすために鳴門の海の幸を野焼きにしたのが始まりとされています。

豪快な料理ではありますが、
味付けは控えめで素材そのものの味が凝縮されて、旨味たっぷり!
上品な味わいでございます。

この宝楽焼き、このような起源を思い出しながら…
ぜひ、雅な気分で味わってみてくださいませ。

こんにちは。夢海游淡路島、濱岡です。最近夜は寒いですね。昼と夜の気温差が激しいので風邪には気をつけてくださいね。

さて、今回は秋の味覚ともいえる「栗」をご紹介します。クリのうち、各栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれます。栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒です。
栗は大きく分けて日本栗(ニホングリ)、中国栗(チュウゴクグリ)、ヨーロッパ栗(ヨーロッパグリ)、アメリカ栗(アメリカグリ)の4種類があります。
国内でおなじみの日本栗は、果実が大きく、風味がよいのが特徴です。他の栗と比べて甘みが少なく、渋皮がはがれにくいです。

淡路島では栗ひろい体験が出来ますので、お越しの際は利用してみてください
http://www.geocities.jp/furukawa_farm/