淡路島の線香

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの梅野です。

すっかり気温も低くなり、冬の空気が漂っていますね。
風邪をひかないよう、お気をつけください。

さて、みなさんは線香が淡路島の特産品であることをご存知でしょうか。
淡路島の一宮地区は、全国シェア70%を誇る線香の産業地区でございます。

当館の売店でも淡路島の線香を販売いたしております。
桜やラベンダー、ローズなど様々な匂いの線香がございます。
ぜひ、お気に入りの匂いを見つけてください。

不思議な植物発見!!

こんばんは。マルチタスクの菊本です。

今回のブログでは人生で初めて見た植物、“フォックスフェイス”について書きます。
当館では毎週金曜日にお花屋さんに来てもらい、ロビーなどの花瓶にお花を活けて頂いています。
お花屋さんが帰られた後、3つの黄色いものが花瓶の下に落ちていました。
最初パプリカ?!オカレモン?!と思い調べると、フォックスフェイスという植物でした!!

0-0-lthumb.jpg


◇フォックスフェイス
ブラジル原産のナス科の独特な形の果実を実らす植物
お花屋さんで売られているときには葉や余分な枝は取り除いてあるので、水も必要でなく、そのまま空の花瓶に放り込んでおけば2ヶ月くらいは楽に観賞できます

断面はザクロのような感じです。

ブリ

こんにちは。夢海游淡路島濱岡です。本格的に寒くなってきましたね。そろそろ暖房が欲しい時期です。今年もあと少し、いい年を迎えれるよう頑張っていきます!

さて、今回は「ブリ」をご紹介します。ブリは意外にもスズキ目アジ科に分類されます。
また大きさによって呼び名が変わる出世魚でもあります。
関東 - モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
北陸 - コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド、ガンドブリ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
関西 - モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
となってます。
冬のブリは脂がよくのっていて、非常に美味しいです。
また、天然の冬のブリは高級魚になってきます。

冬のブリ、一度は味わいたいものですね!

美しさを磨くステイ☆

白砂個室.jpg
皆さまこんにちは!

夢海游淡路島のサンタクロースより、
頑張っている女性の皆さまへクリスマスまでの特別プラン
☆エステ90分付宿泊プラン☆をご用意致しました!

フェイスセラピー60分+アロマボディ30分、
プロによるスペシャルケアをご堪能くださいませ。

毎日のセルフケアでは補いきれない潤いをプレゼント♪


夕食は『四季彩ダイニング浜房』にて、
量はひかえめに、質を重視したディナーコースをお楽しみください。
デザートはビュッフェにてお好みでお召し上がりになれます☆

今年1年頑張ったご自身へのプレゼントに♪
美しさのレベルアップに♪
ぜひ、ご利用くださいませ。

《輝く素肌へ★癒しのエステ90分付プレミアムステイ》

淡路島の気になるところ(人)

皆さんこんにちは、歴史関係のブログ担当の長尾です。
今回のブログは、前回の早良親王に引き続いて・・・
というわけではないのですが、当時の都(京都)で怨霊として恐れられていた淡路島にゆかりのある人物「菅公」こと、菅原道真公をご紹介させていただきます。
道真.jpg
道真公は、右大臣にまでのぼりつめた方なのですが時の左大臣であった、藤原時平に無実の罪(私はそう思ってます)を着せられ、都から九州の大宰府に流刑になってしまいます。
そのときに詠んだ句が「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」有名な詠ですよね。
大宰府に流刑になった後、都では天変地異が続き道真の祟りだと恐れられていました。その怒りを鎮める為に「天神様」として祀られ「天満宮」に祀られています。
よく雷が落ちていたように聞きますので、ぴったりの神様としての名前だなと思いました。
ところで、道真が流刑になる途中に淡路島に立ち寄る予定になっていたのですが、当時は移動にかなり時間がかかったのでしょう、淀川の大きな中州を淡路島と勘違いして上陸したところがあるんですが、そこが今の大阪市中央区淡路町だといわれています。
さて、淡路島に立ち寄った道真ですが現在の洲本市五色町鮎原というところに立ち寄られたのですが、そこで鮎を食べられて、すばらしい鮎だと感激されたことからこの地が「鮎原」という地名になったそうです。
また、この鮎原には「川上天満宮」という神社もあります。
ご存知のとおり文才に長けていた道真公が祀られているのでほかの天神様同様、学問の神様として信仰を集めています。
今回のブログはここまでにさせていただき、また次回のブログでお目にかかります。

冬の淡路島を彩るイルミネーション

キャンドルナイト.jpg
クリスマスに向けての話題が多くなってきましたが、夢海游 淡路島でも、
先日クリスマスイルミネーションの飾り付けを行い、皆さまをお迎えして
います。また離れの温泉「海音の森」へつづく回廊では12月中旬より
キャンドルナイトの開催も予定していますので、こちらも楽しにして頂け
ればと思います。

sumoto_002_s2.jpg
また、夢海游 淡路島のある洲本市全域がイルミネーションの輝きに包まれる
「光の街・洲本」も11月30日(金)から始まります。このイベントは
洲本市民が集い、触れあい、心に温かい灯がともる空間づくりを演出する
もので、市民広場にはシンボルツリー「光の樹」がお目見えします。
夢海游 淡路島の目の前にある大浜公園の「光の森」では、園内の松がライト
アップやイルミネーションで彩られ、洲本市民広場から洲本港、大浜公園へ
と続く「光の路」に、未来を担う子どもたちの「想い」の描かれた
「子供花灯路」が並び、やさしい光で洲本の街が結ばれます。
お越しの際は、この時期にしか見られない特別な景色とともに大切な人との
思い出をお持ち帰りくださいませ。

カワハギ

こんにちは。夢海游淡路島の濱岡です。街ではクリスマスの飾り付などが目に付く時期になってきましたね。今年もあと少しなんだなと感じる今日この頃です。

さて、今回ご紹介するのは「カワハギ」です。カワハギの仲間は種類も多く約24属100種もいると言われていますが、食用となるのは、カワハギとウマヅラハギの二種だけです。

ウロコが無いかわりに皮が非常に堅くザラザラしており、皮を剥でから料理するところからカワハギの名が付いたようです。その皮は昭和初期の頃までヤスリとして使われていたとか・・・

きわめて淡白な白身の魚で、その刺身はフグにもたとえられる美味しさです。また、肝が美味しいことでも知られています。

冬だと、鍋の入れたり、煮付けにしたりすると美味しく召し上がれます。

洲本旅館組合食品衛生研修会

洲本旅館組合食品衛生研修会.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

本日、当館にて『洲本旅館組合食品衛生研修会』が行われました。

当館からは料理長、サービススタッフやマネージャーが参加し、
しっかりと勉強し直しました。

これからも、洲本温泉へお越しになるお客様に
安全で美味しいお料理をお届けして参ります。

「大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設のお知らせ」

メガソーラー.jpg

兵庫県と淡路3市が推進する「あわじ環境未来島構想」が目標の一つに掲げる「エネルギーの自給自足」。ホテルニューアワジグループではこれまでも、南あわじ市のプラザ淡路島において2004年3月から風力発電施設を稼動していますが、地元企業として同構想推進の一翼を担うべく、淡路市志筑新島の自社用地において、大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設することとなりました。

出力1,500kWhの発電所を2基設置し、2013年3月に1基、同6月にはフル稼働を予定、全体で一般家庭約1,100世帯分の電力需要を賄い、年間1,650トンのCO2削減に貢献する見込みです。


ホテルニューアワジグループは、日照時間の長い恵まれた淡路島の地で再生可能エネルギー発電事業に取り組み、今後も環境負荷低減・地球環境に関わる課題解決に貢献してまいります。

1. 施  主 株式会社ホテルニューアワジ
2. 工事件名 ホテルニューアワジ太陽光発電所建設工事
3. 住  所 兵庫県淡路市志筑新島9-2、9-3
4. 建設期間 平成24年11月1日〜平成25年7月31日
5. 発電能力 1,500kWh×2箇所
       平成25年6月発電開始予定(発電所1,2)
6. 年間発電能力 約420万kWh(約1,100世帯分)
7. CO2削減量 年間1,650トン
8. 太陽光パネル 単結晶モジュール(約14,600枚)
9. 工事面積 約82,620平米

イルミネーション

みなさんこんにちは。
新入社員の西垣です。


一気に気候も変わり
冬に近づいて寒い日が
続いていますね。
体調管理にお気を付け下さいませ。

さて、当館ではクリスマスの
飾り付けをしております。

ホテルの中にはクリスマスツリーがあり、
外には電飾が飾り付けてあります。


また当館目の前の大浜海岸にも
イルミネーションのトンネル
を作っております。


是非一度ご覧下さいませ。

西垣 003.jpg