御食国月間2013

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの西垣です。

さて、9月14日の土曜日から
淡路島では御食国月間と致しまして
リレーイベントを開催しております。

9月〜11月の
毎週土曜日・日曜日・祝日に
淡路島の決まった場所でイベントが
開催されております。
体験ができるイベントや
物産展や食べ物の振舞いがある
イベントもございます。

是非イベント会場に足を運んで頂き、
淡路の美味しい食べ物を
体験してみてはいかがでしょうか。

みけつくに.jpg

実りの秋☆収穫の秋

パソナ.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

『パソナチャレンジファームin兵庫県淡路島』にて
農作物の収穫体験で
『実りの秋』を体感してみませんか?

豊かな淡路島の土壌で大切に育てられた農作物は栄養たっぷり。
収穫物はお持ち帰り可能です。
ご自宅でお好みに調理してお召し上がり下さいませ。

ご宿泊日の夕食は、
当館で淡路島の山海の幸をご用意いたします。

淡路島の自然を五感でご堪能ください!!

《パソナチャレンジファーム農業体験付プラン》

淡路島の気になる神社(番外編)

皆さんこんにちは、今回は番外編として神社ではなく次回の大河ドラマの題材になっている、黒田官兵衛(如水)についてどんな人物なのか、簡単に(でないと何週にわたって書き続けないといけないかわかりませんので・・・)説明というか、歴史好きでは無い方のためにというか、まあ簡単に紹介させていただきます。

如水.jpg

さて、この黒田官兵衛(以下、如水と記します)なのですが、名軍師(戦の作戦を立てて味方を勝ちに導く役目の人)で日本の戦国時代では、私の知る限り間違いなく三本の指(あとは私の仲では、竹中半兵衛、山本勘助かな?と思っています)に入る人物です。
 さて、如水はもともとは武将に仕える軍師ではなく最初は目薬屋をしていたと本で呼んだことがあります。

お父さんが近江から播磨に来て姫路で如水は生まれたそうです。
まさに兵庫県の郷土の偉人ですよね(少々の腹黒さは否めませんが。でもあの時代は腹黒くないといきのこれないじだいですもんね)。
それから姫路の城代になり、織田信長にしかたなく(?)着いて、そこからめざましい活躍を見せていくわけです。
 ところが有岡城の戦いの時、味方の兵が信長に謀反を企てそれを引き止めるために説得に乗り込んだのですが、逆に捕らえられ一年間も地下牢に幽閉されてしまいます。
一年後に助け出された時には、片足は動かすことができず骨と皮だけのような有様だったといわれています。
1580年に秀吉の与力になるんですが、この頃から黒田の姓を名乗りだしたと言われています。
 あとは有名な話だと高松城を攻めている最中に本能寺の変が起き、信長の死が伝えられると、如水は秀吉に「殿、天下取りの絶好の機会にございますぞ」というようなことを、言ったとか言わなかったとか・・・・。(多分言ったと思います)
 その後秀吉は、明智光秀を討ち取り天下取りを成し遂げるわけなんですが、如水には、120万石しか与えられていません。
何故かって?如水に財力を与えてしまうと、何をされるかわかったもんじゃないと秀吉は思ったんだと思います。
因みに、家康もその気になれば秀吉には勝て、江戸時代がもう少し延びたんじゃないかとも思うんですが、家康でさえ如水を恐れ秀吉には手出しできなかったといわれています。
なので、秀吉が死んだ時のうれしさはこれ以上にないものだったと思います。

余談が多くなりましたが、黒田官兵衛(如水)という人物は、二言三言で言うと、
戦国時代のトップクラスの軍師であり、豊臣秀吉を影で自由に操って天下を取らせた影の将軍だと私は思っています。
 悪いイメージのことも書いてしまいましたが、次回の大河ドラマは久しぶりに楽しみなドラマです。
清盛よりも視聴率は上がること間違いなしと私は思っています。
なので、興味のある方は記念館なんかも出来るようなので、興味のある方は是非姫路にお越しいただいて、淡路島でご宿泊お願いいたします。

それでは今回のブログはこれにて終わらせていただいて、次回からまた神社の紹介をさせていただきます。

ロングライド2013

みなさまこんにちは、新入社員マルチタスクの岡です。

暑かった夏も、終わりを告げるときが近付いてまいりましたが、淡路島にはまだまだアツいイベントが残っております。
そのひとつ、ロングライドという自転車のイベントを御紹介いたします。

top03.jpg

当イベントは島内外から自転車を好きな方々が集まって、淡路島を一周するというシンプルでありながらもその中で人と人との交流が生まれる素晴らしいイベントでございます。
年に一回行われており、本年は今月の23日に開催されます。
ご都合さえよろしければ、沿道で数え切れないほどの自転車が通り過ぎるのをご覧になってみてはいかがでしょうか。

また自転車でのイベントのため、当日はお車で御移動される方々は混雑が予想されますので十分にご注意くださいませ。

それでは、みなさまにお目にかかれる日を楽しみにしております。