夢海游 淡路島ではメールマガジン会員様(無料)を募集しております。
お得な情報やおすすめ観光地など配信いたします。

2009/12/31 10:25:38

夢海游淡路島・メンバーズ通信 No.10

■メンバーズの皆さま■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、夢海游 淡路島の中田でございます。
先月号の配信からホントにすぐに、この日がやってまいりました。大晦日、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
家族と一緒に過ごしたり、普段会えない友人と旧交を温めたり、大切な人と
幸せな一年を願う初詣に出かけたり・・・

私は淡路島の高校を卒業後、長らく大阪に在住していましたが、明石海峡大
橋がまだ開通していない頃は高速艇やフェリーしか帰島の手段がありません
でした。
そのころのエピソードでよく覚えているのが、大晦日のフェリーで出逢った
一人のバイクライダーさんでした。

ライダーさんとは海峡を渡る少しのあいだ話をしただけなのですが、
私:「淡路へ帰るんですか?」
ライダーさん:「九州から来る友人と、四国の室戸岬で落ち合ってキャンプ
するんです。」
時は大晦日の午後、日は傾いて風は冷たく、このまま行けば現地に着くのは
空気も凍る深夜。
室戸への道はさぞ寒くてつらいだろうなあ・・・
と思いつつも、その後友人と焚き火を囲んで旧交を温めあうことの楽しさは
多分語るまでも無いことだと思いました。その後、楽しそうに目を輝かせる
ライダーさんと友人が無事会えたのかどうかわかりませんが、懐かしく思い
出すエピソードです。
だからというわけでもありませんが、読者の皆様も一度はフェリーを利用し
てみて下さい。束の間の、楽しい一期一会が待っているかも知れません。

そんな些細な思い出を懐かしみつつ大晦日、妻と2歳になったばかりの娘と
共に、こたつでミカンを食べ、ストーブでお芋を焼き、コップでお酒を飲み
ながら、静かに過ごして静かな元旦を迎えたいと思います・・・

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■トピックス

【1】淡路花博2010 花みどりフェア開催
【2】力自慢!薬王寺・大鏡餅運び競争
【3】灘黒岩水仙郷、開園

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】淡路花博2010 花みどりフェア
http://www.awajihanahaku2010.jp/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
淡路花博からちょうど10年の節目を迎えて、これまでの緑化、環境再生の
成果を検証して、今後の取り組みの方向性を考えることを目的に開催される
このフェア。
淡路夢舞台や国営明石海峡公園、他にも島内各地の様々な施設で特別展やイ
ベントが催される予定です。
中でもメイン会場の国営明石海峡公園では『フラワーアイランドパーティー
2010』として、生命力・エネルギー・情熱・元気等をイメージする赤色
を中心としたチューリップ、ムスカリ、ビオラ、ポピー、ネモフィラなどの
花々による植栽が楽しめる予定です。

開催中の各会場をお得に周遊出来るパスポートも発売されていますので、春
のご予定をお考えの皆様は是非ご検討下さいませ。

◆花みどりフェア・パスポート
http://www.awajihanahaku2010.jp/passport.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】力自慢!薬王寺・大鏡餅運び競争
http://www.water.sannet.ne.jp/gitai/yakuyoke.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年1月12日に開かれる恒例のこの競争は、台座の三方を併せて150キ
ロもの重さの巨大鏡餅を持ち上げて歩く距離を競う厄除けの行事です。
毎年顔を真っ赤にして大鏡餅を運ぶ参加者に、観客からはほのぼのとした笑
いや歓声が起こって大変賑わいます。

当日は縁日が出て一般見学ももちろん可能ですので、興味がありましたらご
検討下さいませ。
※ちなみに一般参加も可能ですが、150キロの重量ですのでくれぐれもご
注意下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】灘黒岩水仙郷、開園
http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/index/page/ddb66781fcc06f065313bc46a717227f/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本三大水仙郷に数えられる灘黒岩水仙郷が12月27日、今年も開園とな
りました。
今年は例年に比べて開花は早めで、既に園内には甘い水仙の香りが漂ってい
るとのことです。

私は昨シーズン(2009年1月20日ごろ)に同園を訪れましたが、当日
は天気の良い日で冬にもかかわらず南斜面はぽかぽかと暖かく、水仙の甘い
香りと白と黄色の可憐な花、緑の葉と茎、そして眼下に広がる広々とした海
の光景に、毎年の事ながら心を奪われる気がしました。

園内では名物の出来立ての練り物の販売や食事所もあり、ちょっとした食事
も大丈夫ですので、ぜひ一度訪れて頂ければと思います。
夢海游 淡路島ではこの灘黒岩水仙郷の入場券付プランや、公共交通機関で
お越しの方に便利な水仙シャトルバス乗車券つきのプランもご用意していま
すので、ぜひぜひご利用下さいませ。

◆日本三大水仙郷「灘黒岩水仙郷」入場券付プラン
http://www.tenawan.ne.jp/lodgment/rec/007/167/pl.asp?G39
◆日本三大水仙郷シャトルバス付プラン
(※灘黒岩水仙郷又は立川水仙郷をお選び頂けます。)
http://www.tenawan.ne.jp/lodgment/rec/007/167/pl.asp?G38

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記:2010年に向けて・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2009年の途中からメルマガの執筆を始めましたが、思ったことをしっか
りと読者の皆様にお伝えできない部分が多かったと反省をしています。
できれば2010年は、もっともっと島の魅力と楽しみ方をお伝え出来れば
と思っています。

さて話は変わり、近年自転車で淡路島を一周する『アワイチ』が静かなブー
ムとなっています。だいたい大阪や神戸など関西地方でロードバイクを趣味
としている方が多いようで、休日ともなると風を切って颯爽とこいでいる姿
を見かけていつも「すごいなあ・・・」と尊敬のまなざしを送ってしまいま
す・・・

私には体力的にちょっと厳しいので、2010年中に出来れば趣味のオート
バイで回ろうと考えています。うまくいけばこの場でその報告もさせて頂き
たいと思いますのでどうかお楽しみ下さいませ。

それから、先月号でお知らせしました施設の改装工事ですが、このほど一部
が完成しました。客室の一部が新しくなりましたので、興味がおありのお客
様はお問い合わせ下さいませ。

それでは、2010年も夢海游 淡路島メールマガジンをどうぞ宜しくお願い
致します。(このメールを、冬休みが終わるころ旅行先から帰って、大量の
メールと格闘しながらご覧の方には、あけましておめでとうございます。)

------------------------------------------------------
※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
------------------------------------------------------
編集:ホテルニューアワジグループ
   インターネット予約センター
編集担当:夢海游 淡路島予約窓口 中田 淳司
発行:株式会社ARインターナショナル
〒656-0024 兵庫県洲本市大浜海岸
TEL:0799-22-0203 FAX:0799-22-5207
E-mai:rsv@yumekaiyu.com
HP:http://www.yumekaiyu.com/
------------------------------------------------------

日付一覧

日付一覧