夢海游 淡路島ではメールマガジン会員様(無料)を募集しております。
お得な情報やおすすめ観光地など配信いたします。

2010/08/31 18:56:22

夢海游淡路島・メンバーズ通信 No.18

■メンバーズの皆さま■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メンバーズの皆さま、こんにちは。夢海游 淡路島の下薗です。
まだまだ暑い日が続いていますが、元気にお過ごしでしょうか。このメール
マガジンが届く頃にはいよいよお子様も学校が始まり、お母様はふっと一息
付ける時間が増えるのではないでしょうか。

暦の上では“秋”、二十四節気のうち「処暑」を過ぎ、夏の暑さが和らぐ頃
ではあります。この夏、連日の猛暑で汗ばむ昼下がりではありましたが、最
近「あれっ?」と思うほどうだる暑さが落ち着き、少しずつ秋の気配を感じ
るようになってきました。皆様それぞれに好きな季節があると思いますが、
私は秋が最も好きなシーズンです。昔から言われるスポーツの秋、味覚の秋
読書の秋などなど、様々なことに適した季節ですので、是非皆様もこの秋、
淡路島へ思い出作りにいらしてくださいませ。

夏もイベント盛りだくさんの淡路島でしたが、秋も色々な催しが用意されて
いますので今後のメールマガジンやホームページなどで紹介していきたいと
思います。

それでは最後までお付き合いの程、宜しくお願い致します。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
■トピックス
【1】秋の宿泊プランを掲載しました
【2】夢泉景別荘 天原特別プラン
   『<巨匠が奏でる>淡路島 秋の味覚 “二重奏”』
【3】伊弉諾神宮『三大神話 神楽祭』
【4】『世界的観光立島』淡路島でお香キャンペーン

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】秋の宿泊プランを掲載しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様大変長らくお待たせいたしました。ようやく夢海游 淡路島、秋の宿泊
プランを掲載致しました。プラン数も割合多くなりまして、様々なお客様の
ご希望に添えるような構成となっています。ただ、その分「どのプランがオ
ススメなの?」というお声も聞かれそうです・・・。

定番プランは勿論大変人気が高いのですが、秋だけしか楽しめない期間限定
のプランもオススメですよ。例えばこの季節でしたら紅葉鯛。真鯛のことで
すが、越冬に向けふんだんに餌を捕食する為、やや小振りながらも味は一年
で最も美味しくなることから特別に紅葉鯛と呼ばれ秋の味覚として大変人気
の食材です。そして昨年に続き、海老蟹づくし会席もご用意させて頂きまし
た。伊勢海老、車海老、わたり蟹を散りばめた贅沢な内容で皆様の舌を満足
させてくれること間違いなしです。

もう一つ秋の味覚で忘れてはいけないのが“サツマイモ”。きっと嫌いな人
はいないのでは?と思えるほど美味しい大地の恵みです。こちらは当館から
お車で20分ほどのところにあります『淡路島フルーツ農園』での芋掘り体験
がセットになったプランです(淡路島フルーツ農園まので送迎はありません
ので、予めご了承くださいませ)。農園で鳴門金時をお子様と一緒に収穫し
てみてはいかがでしょうか。ご家族での秋の思い出作りにオススメのプラン
です。ただ、先日淡路島フルーツ農園にお話しを聞いたところ、さつまいも
掘りに関しましては、この夏は猛暑だったため収穫時期が少々遅れ10月から
とのことでした。また収穫体験はさつまいもがなくなり次第終了となります
のでどうぞお早めのご予約をご検討くださいませ。

秋の宿泊プラン、記事内のプランにつきましては下記からご予約可能です。

■秋の宿泊プラン
http://www.yumekaiyu.com/new_stay_plans/plan_autumn2010.htm

また、ホームページには特に紹介をしておりませんが、毎年人気のフグのプ
ランも掲載致しております。冬のプランとなりますので、空室紹介から12月
以降のお日にちを指定して頂くか、下記のページから直接ご予約ください。

■【冬の美味旬彩】トラフグ三昧を味わうグルメプラン
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08800&hcod2=001&ppln=91202

■【淡路ブランド】3年ふぐを味わいつくすトラフグづくし
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08800&hcod2=001&ppln=91205

■冬の美味創作・福良産トラフグと淡路牛を味わう創作ふぐ会席
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08800&hcod2=001&ppln=91206

■地元由良の海幸と味覚王てっちりを味わう冬の特選料理
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08800&hcod2=001&ppln=91207

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】夢泉景別荘 天原 特別プラン
   『<巨匠が奏でる>淡路島 秋の味覚 “二重奏”』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月27日から29日までの3日間、当館グループホテルの夢泉景別荘 天原でス
ペシャルプランが実施されます。なんと、夢泉景別荘 天原の料理長、市川
不二夫と“リーガロイヤルホテル”の料理特別顧問、宮川榮冶氏がコラボし
最高の料理をお客様に提供するというものです。天原料理長 市川不二夫と
ムッシュ宮川が奏でる贅沢な「食」の饗宴。それぞれの個性との融合から生
み出される創作料理の数々。自然の山海の幸に恵まれた淡路島産の食材・旬
の食材、そして洋の食材から吟味し、『1品1品最良の状態で美味しく満足し
て頂けるもの』をご提供させて頂きます。

是非この機会に夢泉景別荘 天原とリーガロイヤルの食をお楽しみください
ませ。ご予約は下記のページからどうぞ。

■<巨匠が奏でる>淡路島 秋の味覚 “二重奏”
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08780&hcod2=001&ppln=89957

【宮川 榮冶氏 プロフィール】

■経歴
1959年 大阪グランドホテル(現リーガグランドホテル)入社
1983年 海外研修 西ドイツ ホテルフランクフルターホフ
1984年 海外研修 フランス ホテルリッツ
1985年 京都グランドホテル(現リーガロイヤルホテル京都)常務取締役総料理長
1998年 リーガロイヤルホテル 常務取締役総料理長
2002年 リーガロイヤルホテル 料理特別顧問

■受賞歴
1982年 ルクセンブルグ国際料理コンクール 金賞受賞
1985年 西ドイツ フランクフルト国際料理コンクール 金賞受賞
1999年 なにわの名工 受賞
2000年 厚生大臣表彰 受賞

■各協会活動
大阪司厨士協会 理事 シェーヌ・デ・ロティスール協会 会員
八重洲会 会員 フランス料理アカデミー協会 会員
エスコフイエ協会 会員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】伊弉諾神宮『三大神話 神楽祭』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島内の神社でもっとも有名な、淡路市にあります『伊弉諾神宮(いざな
ぎじんぐう)』で9月25日(土)に『三大神話 神楽祭』が行なわれます。もと
もと淡路島は国生みの島として有名でここ『伊弉諾神宮』では日本書紀に登
場する伊弉諾尊(イザナギノミコト)、伊奘冉尊(イザナミノミコト)を祀
る別表神社となります。また、伊弉諾尊が禊(みそぎ)の際に生まれた天照
大神(アマテラスオオミカミ)に天津神(あまつかみ)の住まう高天原(た
かあまはら)を統治するよう命じるのですが、実は当館のグループホテル、
夢泉景別荘 天原の名前の由来はこの高天原から来ています。気になる方は
是非、古事記や日本書紀など参考文献をお読み頂ければと思います。

さて、かなり脱線してしまいましたが『三大神話 神楽祭』です。今回、宮
崎県の高千穂神社と島根県の出雲大社の各地方に伝承される神楽をここ『伊
弉諾神宮』に招いて地元の淡路神楽と合わせ三大神楽として奉納する神楽祭
がとり行われます。高千穂神社の神楽は、秋の実りに感謝する“高千穂の夜
神楽”、出雲大社の神楽は能の要素を含んだ“出雲神楽”でいずれも国の重
要無形民俗文化財に指定され、海外公演も行なったことのある保存会の方々
が上演してくれるそうです。私も淡路島の神楽以外はお目にする機会があり
ませんでしたので、せっかくのこの機に是非見てみたいと思っています。

■開催日 平成22年9月25日(土)
■場 所 伊弉諾神宮 特設舞台(雨天時は拝殿にて)
■時 間 16:30開場、17:00開演
■お問い合わせ せきれいの里(伊弉諾神宮内)TEL:0799-70-1010
■入場料
【特別席A 200席】5,000円(税込)※三大神話特別お土産付き
【特別席B 300席】3,500円(税込)
【一般席 700席】1,000円(税込)

より詳しくは下記のPDFファイルをご覧くださいませ。

・三大神話 神楽祭 リーフレット
表:http://www.yumekaiyu.com/melmaga_img/kagurasai_01.jpg
裏:http://www.yumekaiyu.com/melmaga_img/kagurasai_02.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】『世界的観光立島』淡路島でお香キャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兵庫県淡路島は3つの市で構成されています。淡路島北部の“淡路市”、中
央に位置する“洲本市”、南部の“南あわじ市”です。昨年秋、その中の淡
路市が『世界的観光立島』としてプロジェクトチームを発足し、「産業」
「観光」「環境」「歴史文化」の4つ戦略事業に取り組んでいるのですが、
この程、淡路島の特産品の一つお香作りが160周年を迎えることから、この
4つの事業の内「観光」分野の取り組みとして9月17日から11月7日までの間
淡路市内16施設50カ所で一斉にお香を焚くというイベントが実施されます。

淡路島では線香製造が江戸時代から始まり、今年で160周年を迎える節目の
年です。また淡路市は全国70%のシェアを占め、線香生産高日本一ですので
知る人ぞ知る線香製造では有名な土地でもあります。立ち並ぶ線香工場から
は香りがたゆたい、環境省の“かおり風景100選”にも選ばれています。

この地場産業をもっと皆様に知って頂こうと、プロジェクトチームが淡路市
に点在する各施設で渦巻き状のお香(キンモクセイとウメの2種類のお香)
を香炉に入れて焚きます。実はこの時に使われる香炉も、南あわじ市特産の
瓦業者がいぶし瓦で作った香炉となっています。余談ですが南あわじ市の特
産の一つに瓦があります。この瓦も今年で400周年を迎え春先には色々な所
でイベントがとり行なわれました。特にいぶし瓦に関しては南あわじ市が全
国シェア50%で日本一。何気にスゴイ島なんです、淡路島。

淡路島にお越しの際には、是非地場産業にも触れて頂ければと思います。
当館の売店奥にはインセンスのコーナーもありますので、お土産をお買いに
なる際に少しだけ興味を持って頂ければ幸いです。最近はお香よりもエッセ
ンシャルオイルの方が人気かも知れませんが、古くから親しまれてきたお香
もとても気持ちが落ち着き、良いものですよ。

もし「地場産業を体験したい!!」という方がいらっしゃいましたら、当館
グループホテルのホテルニューアワジで『地場産業体験プラン』をご用意し
ていますので、是非ご利用くださいませ。

■≪地場産業体験プラン≫香りの国淡路でお香作り体験
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08760&hcod2=001&ppln=84395

■≪地場産業体験プラン≫世界にひとつだけのマイ瓦
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08760&hcod2=001&ppln=84397

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この夏は多くのお客様に夢海游 淡路島へお越し頂きまして誠にありがとう
ございました。今年も多くのご家族の方々にお越し頂き沢山の笑顔を頂戴
しました。そういったお客様の喜びを糧に頑張って参りますので、今後も
どうぞ宜しくお願い致します。

さて、執筆4回目!ということで今回は秋の季節柄も盛り込んでお届けして
います。しかしながら読み返してみますと当館の事よりも、グループホテル
の事柄の方が多いメールマガジンとなってしまいました・・・。
ちょっと反省です。

話しは変わりまして、先日地元紙を読んでいると淡路島の溜め池で『ヒツジ
グサ』が見つかったという記事が掲載されていました。ヒツジグサは睡蓮の
原種と言われていて元々淡路島内にも数箇所の溜め池で自生していました。
しかし、平成16年の台風23号による水害と復旧工事などで絶滅したと思われ
ていました。それが先日、島内の植物研究家の方が白い花を咲かせているヒ
ツジグサを発見されたそうです。発見された方も場所までは公表していませ
んので、いかに淡路島の自然を大切に思っているのかが感じられる記事でし
た。

最近、何気に蓮の記事が多くなっていますが(前々回も大賀ハスを紹介させ
て頂きました)、淡路島にはもっと沢山の植物が咲きほこり、秋からは『淡
路花祭2010秋』も開催予定です。

今後も植物のみに限らず、淡路島の魅力を多くの方々にお伝えしていければ
と思います。

------------------------------------------------------
※最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。
------------------------------------------------------
編集:ホテルニューアワジグループ
   インターネット予約センター
編集担当:夢海游 淡路島予約窓口 下薗 琢巳
発行:株式会社ARインターナショナル
〒656-0024 兵庫県洲本市大浜海岸
TEL:0799-22-0203 FAX:0799-22-5207
E-mai:rsv@yumekaiyu.com
HP:http://www.yumekaiyu.com/
------------------------------------------------------

日付一覧

日付一覧