夢海游 淡路島ではメールマガジン会員様(無料)を募集しております。
お得な情報やおすすめ観光地など配信いたします。

2011/01/31 14:18:03

夢海游 淡路島・メンバーズ通信 No.23

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  夢海游 淡路島 メンバーズ通信 No.23  発行:平成23年1月31日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

■メンバーズの皆さま■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メンバーズの皆さま、こんにちは。夢海游 淡路島の下薗です。
新しい年を迎え第一回目のメールマガジンです。
今年こそは皆さまにおもしろい、読んで良かったと感じて頂けるような
メールマガジンを書けるよう頑張りたいと思います。

ところで2月といえば節分。そう「福は内、鬼は外」の掛け声で豆撒きを
するアレです。節分は通常、立春の前日になりますので、今年は2月3日。
豆を撒き終えたら自分の年齢の数だけ豆を食べるのですが、最近では
豆撒きそのものを行わないご家庭もあるかも知れませんね。

豆撒きをなさらないご家庭でも、節分の楽しみの一つとして「恵方巻」を
がぶっと頬張る方は多いはず。私も毎年節分の日には恵方に向かって
太巻きを頂いています。今年の恵方は「南南東のやや右方向」とのこと。
皆さまも2月3日にはこの方向に太巻きを丸かじりしてみてください。
メルマガをお読み頂いている皆さまが今年一年良いことに恵まれますよう
私もお祈り致します。

それではどうぞ最後までお付き合いくださいませ。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
■トピックス
【1】淡路島3年とらふぐ & ご当地グルメ『美福鍋』
【2】淡路夢舞台温室『奇跡の星の植物館』にてラン展2011開催中
【3】バレンタイン&ホワイトデープランが人気です!
【4】間もなく梅の季節が到来(生石公園・広田梅林・八木村上様邸)
【5】客室紹介 〜特別フロア【和み】新和洋室〜

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】淡路島3年とらふぐ & ご当地グルメ『美福鍋』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふぐと言えば下関が有名ではありますが、淡路島も実はふぐが有名です。
その名も『淡路島3年とらふぐ』。
世界三大潮流の一つ『鳴門海峡』にほど近い福良湾で、3年もの間
ゆっくりと育てられたふぐは身の締まりも良く、旨味抜群です。
今年も引き続き、この淡路島3年とらふぐをお召し上がり頂けるプランを
3月末日までご提供していますので、まだお召し上がり頂いていない方は
この機会に夢海游 淡路島でどうぞ!
(三つの福キャンペーンも引き続き行なっていますよ。)

■【冬の美味旬彩】トラフグ三昧を味わうグルメプラン
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=8

■【淡路ブランド】3年ふぐを味わいつくすトラフグづくし
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=9

■冬の美味創作・福良産トラフグと淡路牛を味わう創作ふぐ会席
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=10

さて、淡路島3年とらふぐの故郷・福良港がある南あわじ市では、
この冬、ご当地グルメ『美福鍋(みふくなべ)』が生まれました。
『美福鍋』とはご当地食材をふんだんに使ったてっちり鍋のことで、
『美福鍋』と呼ばれるには以下に上げている7つの項目をクリアしなければ
なりません。

1.淡路島3年とらふぐを使用する。
2.ふぐの皮も鍋の具材に使用する(ふぐの皮はコラーゲンたっぷり)。
3.淡路島産のレタスをお鍋に使用する(レタスに包むと新食感)。
4.ダシには淡路島の地酒を使用する。
5.自家製のポン酢ジュレを使用する。
6.お鍋のシメには淡路産のお米か淡路産手延べ素麺を使用する。
7.箸置きには400年の歴史・淡路瓦を使用する(箸置きはお土産で
  お持ち帰り頂けます)。

本当に美味しいこの『美福鍋』、残念ながら南あわじ市でのみ食すことが
できるため、夢海游 淡路島ではお召し上がり頂けません。
が、ご安心ください。私共のグループホテル・プラザ淡路島が南あわじ市に
ありますので『美福鍋』をお召し上がり頂けます!
どうぞグループホテルのプラザ淡路島にてご賞味くださいませ。

【ホテルニューアワジ プラザ淡路島『美福鍋』プランはこちらからどうぞ】
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】淡路夢舞台温室『奇跡の星の植物館』にてラン展2011開催中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

淡路島の北部、淡路市に兵庫県立淡路夢舞台があります。この淡路夢舞台の
中にある『奇跡の星の植物館』では年間を通じて様々なフラワーショーを
開催しているのですが、現在は淡路夢舞台ラン展2011が行われています。

ところで地球上には3万種以上ものランが存在していて、日本でも230種が
存在しているそうです。今年のラン展2011では、ランの調査と保護に力を
注がれているホルガー・ペルナー博士協力のもと特別展示が行われていて
展示個体数は約2千種2万株にのぼります。

そもそもランという植物は地球上に最後に現れた植物で、その為に成育
スペースが限られていたため、環境に適応し形や色などが多様化したのだ
そうです。今、私たちが目にするランの花々が特徴的な形や色をして
いるのにはそういった理由があったのですね。

あまり花について詳しくない方でも一度は聞いた事があるのが『胡蝶蘭
(コチョウラン)』ではないでしょうか。花の形状がちょうど蝶が舞って
いるように見えることから付けられ、お祝いの席などにも用意されますね。
他にもカトレアやシンビジウムなど「言われてみれば聞いたことがある」と
いう方も多いと思います。

そんなランの世界を存分にお楽しみ頂ける特別展が、1月22日(土)から
3月6日(日)まで奇跡の星の植物館にて開催されていますので、淡路島に
お越しの際には一度お立ち寄りくださいませ。

詳しくは下記の『奇跡の星の植物館』ホームページをご覧ください。

■ 淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2番地
TEL : 0799-74-1200
URL : https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=6

余談ではありますが、私の家でもランの花を育てていまして、花の名前は
「風蘭(フウラン)」。とある方からの頂き物なのですが、強い甘い香りが
特徴的なランです。昨年は3度ほど花を咲かせてくれました。
その時撮影した写真がありますので、是非ご覧くださいませ。

【風蘭の写真】
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=4 (写真サイズ:209KB)
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=5 (写真サイズ:190KB)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】バレンタイン&ホワイトデープランが人気です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年もやってきました、バレンタインデー&ホワイトデー。
バレンタインデーは女性から意中の男性へチョコレートを贈る日、
男性からはホワイトデーにそのお返しを、というのが日本の風習(?)と
して定着しています。ただやはりこれは日本独特の慣習で、海外では
また一風違ったイベントのようです。

折角ですので簡単に海外のバレンタインデー、ホワイトデーってどんな
感じなのかを調べてみました。

まずはバレンタインデーの由来についてですが諸説あるようで、
『かつてのローマにおいて本来禁止されている兵士の結婚を秘密裏に行い、
処刑されたキリスト教の司教ヴァレンティヌスの命日』を祭日としたことが
定説のようです。

さてそれでは海外事情はといいますと・・・、
まずはバレンタインデー発祥ともいえるイタリア。
こちらはやはり宗教色が濃く2月14日は祝日になります。
またチョコレートに限らず花束やプレゼントを愛し合う者同士で交換する
ことが風習となっています。スペインやロシアなどもお互いに
プレゼントを贈り合う風習のようですね。
ただ米国もお互いにプレゼントを贈り合う慣習なのですが、日本とは逆に
男性から女性に贈ることの方が多いようです。フランスやイギリスでも
このパターンです。
お隣の韓国は日本風で、バレンタインデーには女性から男性へ贈りますが
ホワイトデーは男性から意中の女性へ贈るというところが少し日本とは
違うところでしょうか。

いずれにしましても、恋人や夫婦同士で愛を語らう絶好のイベントと
いうことは今も昔も変わらないと思います。

そんなカップルを応援するバレンタイン&ホワイトデーのスペシャル
プランをご用意致しました。
当館が贈るプランは3つ。プライベートスパ【夢海】を45分間利用して
頂けるプランと、【夢海】の代わりにレイトチェックアウト11時が付いた
プランをお選び頂けます。3月31日(木)までのプランとなりますので、
お二人の特別な日に是非ご利用くださいませ。

■【プライベートスパ&ディナー】St. Valentine's & White Day Plan
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=11

■【レイトアウト&ディナー】St. Valentine's & White Day Plan
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=12

■【プライベートスパ&一泊朝食】St. Valentine's & White Day Plan
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=13


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】間もなく梅の季節が到来(生石公園・広田梅林・八木村上様邸)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この時期にお楽しみ頂ける植物としまして、先月号まで水仙を紹介させて
頂きました。灘黒岩水仙もようやく見頃を迎えておりますので、淡路島に
お越しの際には是非ご覧になってください。立川水仙郷は執筆時には八分
咲きの状態ですがもう一週間ほどで満開となりそうですので、このメール
マガジンをお読み頂く頃には見頃を迎えているはずです。
当館では引き続き立川水仙郷、灘黒岩水仙郷いずれかの入場チケット付
プランをご提供していますので、よろしければどうぞ。

【水仙シャトルバス&入場チケット付きプラン】
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=14

その水仙の見頃を過ぎますと、淡路島では梅が一斉に咲き誇ります。
有名なところでは、洲本市の生石公園、南あわじ市の広田梅林、
同市八木にあります村上様邸のしだれ梅です。

また淡路島には様々な花々の名所・景勝地を巡る「あわじ花へんろ」と
いう札所巡りがありまして、今回ご紹介致します三ヶ所とも「あわじ花
へんろ」の札所に選ばれている場所です。

まず当館からお車で海岸沿いに30分ほど南下したところに第31番札所
生石公園がありまして、紀淡海峡と成ヶ島を見下ろす生石山斜面に
約260本もの梅の木が植わっています。(生石公園を通り過ぎてしばらく
進みますと第32番札所の立川水仙郷に到着します。)

次に当館から国道28号線沿いに約20分ほど南下しますと第27番札所の
広田梅林があり、梅の木も約450本と島内随一の梅の名所です。
淡路島外からも大勢の見物客が訪れるほど有名で、南紅梅や鶯宿梅
(おうしゅくばい)が咲き誇り、訪れた方々を楽しませてくれます。

最後は同じ南あわじ市にあります村上様邸に植わっているしだれ梅。
当館からお車で約50分程と少し離れた場所にあります、花へんろ第56番
札所。個人宅の梅の木ではあるのですが、樹齢約60年で枝の幅は
10メートルにも広がり見応え充分。よくテレビでも取り上げられますので
ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。
なお、こちらはあくまで村上様のご好意で一般開放されていますので、
マナーを守ってご見学くださいませ。

梅の見頃は概ね2月中旬頃からとなりますが、気温などの自然環境で
開花時期なども変わってきますので、何卒ご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】客室紹介 〜特別フロア【和み】新和洋室〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は特別フロア【和み】新和洋室をご紹介させて頂きます。
当館のお部屋の中で最もグレードが高いお部屋は前回ご紹介させて
頂きました展望檜風呂付新特別室ですが、次はといいますとこちらの
新和洋室と言えるでしょう。新和洋室は全部で5部屋ありまして、
最上階7階に4部屋、4階に1部屋のご用意です。

お部屋の間取りは、ツインベッドのある寝室と、6帖の畳リビングで、
定員は4名。7階の新和洋室は8帖の畳敷きに、4階は落ち着いた色合いの
絨毯にツインのベッドを配していて、いずれも室内の家具とマッチした
お寛ぎ頂けるお部屋です。

畳リビングのカーテンを開けますと、そこには眼下に広がる大浜海水浴場、
正面には紀淡海峡を一望できる抜群のロケーションが楽しめます。
「でも4階のお部屋は眺望が・・・」と前回も書いた記憶がありますが、
4階のお部屋は昨年改装したばかりの真新しいお部屋ですので、眺望以上に
きっとご満足頂けることと思います(ホームページの間取り図とは若干
異なって参りますのでご了承ください。)
さらにツインベッドの寝室と畳リビングのお部屋は障子で仕切ることが
出来ますので、3名様以上でご利用のお客様にもご好評を頂いています。

前回の新特別室でも書いたのですが、特別フロア【和み】のお部屋にご宿泊
されましたお客様は、翌日のチェックアウトが11時となるのもポイント。
(特別フロア【和み】以外のお客様はチェックアウト10時です。)

日常の喧騒を忘れ、ゆったりとした淡路島でのひと時を
特別フロア【和み】のお部屋でお過ごしください。

▼特別フロア【和み】でのご宿泊はこちらから
https://www.yumekaiyu.com/url.php?id=15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のメールマガジンで「都美人酒造さんの冬季限定生原酒・薄にごり」が
買えなかったと書いたのですが、その後すぐに近所の酒屋さんに再入荷して
いたのを発見。早速購入してみました。
瓶に入っているときは気が付きませんがグラスに注ぐと名前の通りうっすら
滓が入り濁っています。口にすると少し辛味が強いのですが、非常に呑み
やすい印象を受けました。720mlで1,050円と大変お値頃でオススメです。
が、やはり720mlではすぐに無くなってしまいまして、次は同じ都美人
酒造さんの大吟醸『凛美』を購入。こちらは無濾過のお酒で、先の
『薄にごり』よりも辛味が少ないため、日本酒が苦手な方にも比較的
呑みやすいのではないでしょうか。私はそれほど日本酒をたしなむ方では
ないのですが、それでもこの2種はお気に入りのお酒の仲間入りです。

なお、夢海游 淡路島でも大吟醸『凛美』をご用意致しておりますので、
ご宿泊の際には是非ご用命くださいませ。
本年のメールマガジンでは淡路島の地酒も少しずつご紹介していきます。
その中で皆さまのお気に入りの一本を見付けて頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------
※最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。
------------------------------------------------------
編集:ホテルニューアワジグループ
   インターネット予約センター
編集担当:夢海游 淡路島予約窓口 下薗 琢巳
発行:株式会社ARインターナショナル
〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-50(大浜海岸)
TEL:0799-22-0203 FAX:0799-22-5207
E-mai:rsv@yumekaiyu.com
HP:http://www.yumekaiyu.com/
------------------------------------------------------

日付一覧

日付一覧