和食を愉しむ2日間!「御食国・和食の祭典in淡路島」が11/18(土)・19(日)に開催

和食の祭典

古代、御食国(みけつくに)として朝廷に食材を納めていた淡路島・若狭・志摩と、その食材を使って和食文化を発展させてきた京都。それぞれの食文化が一堂に会し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録された和食の魅力を学び・味わい・体験できる「御食国・和食の祭典in淡路島」が11月18日(土)と19日(日)の2日間にわたり、洲本市で開催されます。

当日は淡路島・若狭・志摩・京都の和食を味わうフードコート・物販ブースが勢ぞろい。
御食国の3県と京都の選りすぐりの食材を使った多彩な食に出会い、思う存分その味わいを楽しむことができます。他にも、各地域の特産物を詰め込んだ「御食国弁当」の販売や、淡路の島カフェコーナー、さらに和食文化の体験コーナーとして抹茶教室や日本酒の試飲・販売、和菓子作り体験など、まさしく御食国の食を堪能する2日間です。

また、19日(日) にはさまざまな分野の和食の達人が、和食と御食国について語る「御食国サミット」も開催。日本料理アカデミー理事長 村田吉弘氏の「関西の和食の魅力」、園田学園女子大学名誉教授 田辺眞人氏の「御食国の歴史」の2つの講演に加え、「現代に繋がる御食国」をテーマとしたパネルディスカッションも催されます。

深い味わいと歴史を持つ御食国の食材を、ぜひこの機会にご堪能ください。

<御食国・和食の祭典in淡路島>
【日 時】2017年11月18日(土)・19日(日) 11:00〜16:30
     (御食国サミット:2017年11月19日(日) 12:45〜16:00)
【場 所】洲本市文化体育館 文化ホール
     (兵庫県洲本市塩屋1丁目1−17)
【参加費】無料(飲食物の購入や和食文化体験の参加などは別途料金要)
【主 催】御食国・和食の祭典in淡路島 実行委員会
【問合先】兵庫県淡路県民局(TEL:0799-26-2085)

[話題女子の淡路島trip]Vol.3の旅人は朝比奈彩さん!

話題女子の淡路島trip
2017年7月、関西国際空港と淡路島の洲本ポートターミナル(洲本港)を約65分で結ぶ高速船の運行が開始し、関東方面からのアクセスがこれまでよりもぐっと便利になりました。

そんな淡路島での滞在を紹介する「話題女子の淡路島trip」。
第3回の旅人は前回に続き、淡路島出身でモデル・タレントの「朝比奈 彩」さんです。

押しも押されぬ人気で多忙を極める彼女がひとときの里帰り。
今回は大鳴門橋を望む絶景リゾート「プラザ淡路島」とグループホテルの名勝・慶野松原に佇むクラシカルな「あわじ浜離宮」という南淡路にある2つのホテルにステイしました。

羽田空港から約3時間、神戸から橋でつながる気軽さもありながら、神々が宿るといわれるスピリチュアルな島。どこか神秘的な空気感を漂わせる島の自然に癒されながら、海の絶景に寛ぐひとときを過ごしに。古事記に伝わる「国生み神話」ゆかりの島・淡路島の魅力がいっぱい詰まった滞在レポートです。

【話題女子の淡路島trip!Vol.3】
朝比奈彩、神秘なる島・淡路島へ
http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0637204201

2017年12月1日(金)に新たなグループホテル“清水小路 坂のホテル京都”が誕生します

坂のホテル京都
いつも夢海游 淡路島ならびにグループホテルをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
2017年12月1日(金)に京都東山に新しいグループホテル「清水小路 坂のホテル京都(きよみずこうじ さかのほてるきょうと)」が誕生いたします。グループホテルとしては初めて京都に誕生する坂のホテル京都。これまでのグループホテルとは趣きの異なる魅力を持った宿になりますので、ぜひお楽しみに。

〜草の音も聴こえるほどの静寂に守られた空間で特別なひと時を〜
「清水小路 坂のホテル京都」

世界が羨望する千年の古都・京都―。
カランコロンと小気味よく響く下駄の音、飛び交う多様な言語。京都を象徴する5つの坂に囲まれ、清水寺をはじめとする数々の寺社仏閣や京都国立博物館など歴史と文化が色濃く薫る町”東山”に佇み、表通りの喧騒から離れて草の音も聴こえるほどの静寂に守られた坂のホテル京都。ホテルでありながら和の機能性と温かみに満ち溢れる、旅人が心解きほぐしほっと落ち着ける安らぎの場所です。随所に京都の風情を感じる佇まいの中に、まだ見たことの無い和の情景を探してみてはいかがでしょうか。

自然素材とアースカラーに包まれた客室は和の温かみ溢れるツインルームを中心とした全38室。心から寛いでいただけるよう至るところに工夫を凝らしたお部屋は、木洩れ日の注ぐ半露天風呂付客室や掘炬燵がついた心和む客室など、16タイプもの豊富なバリエーションをご用意。

ダイニング「清水茶寮」では京都全域から集められる海の恵み里山の幸に加えて、御食国として京都と深い歴史的繋がりを持つ若狭・志摩・淡路の三国からこだわりの食材を融合。枠にとらわれず素材の個性を引き出した日本料理を、京都伏見の地酒をはじめとするお酒のセレクションや、京焼・清水焼の器とともに五感でお愉しみ頂きます。

ホテルニューアワジグループで12番目となるグループホテル、「清水小路 坂のホテル京都」を、ぜひご愛顧くださいませ。

【先行予約は9月13日スタート】
▼清水小路 坂のホテル京都のご紹介ページはこちら▼
http://www.saka-hotel.com

客室イメージ客室イメージ

子供から大人まで楽しめるアニメパーク「ニジゲンノモリ」

クレヨンしんちゃん
兵庫県立淡路島公園内にオープンしたアニメパーク「ニジゲンノモリ」。
海外でも人気の高い漫画やアニメ、ゲームといった二次元コンテンツを淡路島で気軽に楽しむ事ができるアクティビティパークです。

メインコンテンツは、日没まで楽しめる「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」と夜開催の「ナイトウォーク火の鳥」。クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークはお子様に大人気の同アニメを題材に組み立てられたフィールドアスレチックとジップラインで、子供から大人まで思う存分身体を動かせるアトラクションが満載です。

日が暮れると雰囲気は一転。手塚治虫氏の代表作・火の鳥の世界観を再現した「ナイトウォーク火の鳥」は全長約1.2kmの暗い森の中を自らの足で歩いてストーリーを体験するアトラクション。淡路島の大自然をスクリーンにプロジェクションマッピングで描き出される光と音の競演で非日常的な世界観を楽しめます。

お車でお越しの場合、「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」のご利用に便利なのが“F駐車場”。「ナイトウォーク火の鳥」ですと“A駐車場(有料)”となります。どちらの駐車場に停めようかとお悩みの方、「ニジゲンノモリ」では“淡路IC”“岩屋港”“B/F/A2駐車場”を巡回する無料のシャトルバスも運行していますので、どちらに停めても便利にご利用頂けます。
神戸淡路鳴門自動車道をご利用で「高速道路から降りたくない!」という方には、淡路サービスエリアから直結する“ハイウェイオアシス駐車場”がおすすめです。シャトルバスも上手に使って、それぞれのアトラクションを楽しんでください。

夢海游 淡路島の朝食付プランなら「ナイトウォーク火の鳥」を楽しんでからでも、ごゆっくりとチェックイン出来るので、おすすめです。ぜひ淡路島へお越しくださいませ。

【夢海游 淡路島の朝食付プラン】
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/plan.asp?p=85209&c1=08800&c2=001

【ニジゲンノモリ 公式HP】
http://nijigennomori.com

ナイトウォーク火の鳥

慶野松原でモーニングヨガ体験イベント開催

慶野松原
淡路島の大自然と一体化したかのような開放感を体験できるモーニングヨガの体験イベントが、9月・10月の毎週日曜日に南あわじ市の慶野松原海岸で開催されます。

夏から秋にかけての季節の変わり目は体調が崩れやすくなりますが、その理由の一つに挙げられるのが「自律神経の乱れ」。
日々の寒暖差が激しくなると、体温調節などの基本的な身体機能を司る自律神経が乱れてしまい、睡眠不足や食欲不振、頭痛などといった症状が現れます。
ヨガは呼吸や血流を整え、新陳代謝を上げることで自律神経のバランスを改善。朝陽を浴びながら行うとその効果は倍増すると言われ、見渡す限りの大自然に囲まれた南あわじ市慶野松原海岸はまさに恵まれた環境です。
また、同じく9月・10月の毎週月曜日と水曜日には「ノルディックウォーキング」の体験会も実施。
専用のポール(ストック)を体の後ろにつけながら歩くことで、通常のウォーキングの1.3倍のカロリーを消費でき、普段の姿勢や歩き方の改善も期待できる新しいエクササイズ。
運動不足が気になる方や運動が苦手な方、ランニングはしんどいなと感じる方に最適です。

●Happy ストレッチ&モーニングヨガin慶野松原海岸

【日 時】2017年9月・10月の毎週日曜日 午前7:00〜午前8:00
【場 所】慶野松原海岸 瓦舞台(慶野松原荘裏)
【費 用】1,000円(レンタルマット付)
【定 員】10名様
※当日は動きやすい服装にて、タオルと飲み物をご持参ください。

●ノルディックウォーキング体験会

【日 時】2017年9月・10月の毎週月曜日・水曜日 午前9:00〜午前10:15
【場 所】諭鶴羽ダム(月曜日)、慶野松原(水曜日)
【費 用】1,000円(ポールレンタル料込)
【定 員】5名様
※当日は動きやすい服装にて、ウォーキングシューズ(スニーカー不可)とタオル、飲み物をご持参ください。

■申込:前日までに 090-7362-1949 まで
■講師:大住 知佐さん(南あわじ市地域おこし協力隊)
■主宰:AWAJI BEACH YOGA
■詳細情報
 →https://ja-jp.facebook.com/awajibeachyoga/

ドラゴンクエストミュージアムが洲本で好評開催中

ドラゴンクエストmニュージアム
ドラゴンクエスト30周年特別企画 「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本」が好評開催中です。
洲本市出身でドラゴンクエストの生みの親「堀井雄二氏」の経歴や作品などを紹介する企画展も同時開催。

ストーリー、キャラクター、音楽、どれもが魅力的な「ドラゴンクエスト」I〜Xまで30年の世界を、実際に見て一気に楽しむことができるイベントになっています。

また、洲本市内では「ドラゴンクエスト冒険の旅 in 洲本」と題したスタンプラリーが実施されいるので、ここでしかできない冒険の旅を体験してみてください。

ドラゴンクエストミュージアム セレクションズ淡路島・洲本」
http://dqmuseum.jp/selections/

■日程
2017年7月16日(日) 〜 2017年8月7日(月)
平日10:00〜18:00(入館17:30まで)
金土日祝10:00〜19:00(入館18:30まで)
※8月4,5,6日のみ20:00まで延長(入館19:30まで)

■会場
洲本市民広場横 赤レンガ建物(旧アルファビアミュージアム)内特設会場
(兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8)

■主催
ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会

■企画協力
スクウェア・エニックス 集英社
スギヤマ工房有限会社

■チケット
当日 一般1,200円/中高生1,000円/4歳〜小学生700円

淡路島にアニメパーク「ニジゲンノモリ」が誕生しました

ニジゲンノモリ
2017年7月15日(土)、淡路島でアニメパーク「ニジゲンノモリ」がオープンいたします。
アニメ作品の中へ迷い込んだような錯覚を起こす幻想的なアトラクションや、二次元の世界感を踏襲したアクティビティなどが、最新テクノロジーの力で淡路島の豊かな自然の中に実現しました。昼は「クレヨンしんちゃん」の世界観を体験できるアトラクション、そして夜は手 治虫氏の代表作の1つ「火の鳥」を歩いて体感できるロマンティックなナイトウォーク。大人様もお子様も一日中楽しめるパークとなっています。
この夏は「ニジゲンノモリ」で、“ここにしかない二次元体験”をしてみませんか?

【クレヨンしんちゃん アドベンチャーパーク】
人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の世界を体験できるエリアです。
アクション仮面になりきることができる水上ジップラインや、映画「アッパレ!戦国大冒険!」をモチーフにした巨大アスレチックなど、思う存分身体を動かせるアトラクションが満載。
また、エリア内にある人形にスマホをかざしてAR機能でキャラクター達と会話ができる「オラと遊ぼう!ニジゲンノモリ!」や、しんちゃん愛用の玩具カンタム・ロボの中に入ることができる「ふわふわ!カンタム・ロボ!」など、クレヨンしんちゃんの世界観を見て・さわって感じられるテーマパークとなっています。

【ナイトウォーク火の鳥】
手 治虫氏の「火の鳥」の世界感を題材にしたオリジナルストーリーを追いながら、全長約1.2kmの暗い森の中を自らの足で歩いて体験するアトラクション。監修を手塚 眞氏、演出を村松 亮太郎氏が担当し、最新テクノロジーを駆使して“ロマンティックだけど少し怖い”非日常的な世界観を淡路島の自然の中に描き出します。

【日時】2017年7月15日(土)オープン
【場所】兵庫県淡路市岩屋924-1
    ※淡路ハイウェイオアシス/淡路SAより直結
【利用方法】各アトラクションは定員が決まっているため、事前にチケットの購入をお勧めしております。詳細は公式HPをご覧くださいませ。
http://nijigennomori.com

洲本―関西国際空港を結ぶ定期航路「淡路関空ライン」が始動しました


関西国際空港から淡路島へ。
2017年7月9日(日)より、洲本港(淡路島)と泉州港(関西空港ポートターミナル)を結ぶ高速艇が10年の歳月を経て復活いたしました。
一日5往復の運航で、淡路島へのアクセスがとっても便利に。
ぜひこの機会に、淡路島を訪れてみてください。

■所要時間
片道約65分

■運賃
大人(片道):2,800円(税込)/小人(片道):1,400円(税込)
※1歳未満の幼児の運賃は無料
※大人に同伴されて乗船する1歳以上の未就学児の運賃は、大人1名につき1人分は無料
※ペットは無料で乗船可能(必ずケージに入れ、お膝の上にのせてご乗船ください)

■チケットの購入・詳細
【淡路関空ライン】
http://ak-line.co.jp/
〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1-11-1 洲本ポートターミナルビル1F洲本事務所
Tel 0799-25-0411/Fax 0799-25-0412
(TEL受付時間:9:00〜17:00)

四季彩ダイニング「浜房」改修工事のお知らせ

四季彩ダイニング「浜房」
日頃より、夢海游 淡路島をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、四季彩ダイニング「浜房」の改修工事の為、下記の日程において四季彩ダイニング「浜房」のプランを休止させて頂きます。

期間: 2017年6月12日(月)〜7月14日(金)予定

※期間中、朝食バイキングにつきましては1F特設会場へ変更となります。

お客様には、多大なご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

[話題女子の淡路島trip] はあちゅう流 島宿リラックス

話題女子「はあちゅうさん」の淡路島滞在レポート
2017年夏、関西国際空港と淡路島の洲本港を約55分で結ぶ高速船が運航開始(近日中)。関東方面からのアクセスがこれまでよりもぐっと便利になります。
そんな淡路島での滞在を話題女子がレポート。今回の旅人は作家・ブロガーの「はあちゅうさん」です。

東京での多忙な日々を抜け出して、つかの間の休息を求めて向かったのは、瀬戸内海に浮かぶ“国生みの島”淡路島にあるグループホテルのホテルニューアワジ。今回はその中でも、すべてのお部屋が温泉露天風呂付特別客室という、ハイクラスな寛ぎとおもてなしが人気の「ヴィラ楽園」へ。

普段の旅はホテルでおこもりステイが多いというはあちゅうさんの羽田から3時間で行ける“リアル楽園”の滞在レポートです。

【話題女子の淡路島trip!Vol.1】
はあちゅう流 島宿リラックスのすすめ

http://www.jalan.net/jalan/doc/news/button/0652404301/