洲本市の神社

皆さんこんにちは、歴史関係ブログ担当の長尾です。
ちょっとフライング気味なんですが、アップさせていただきます。
前回は、洲本八幡神社を紹介させていただきましたが、今回はその八幡神社の周りにある、少し小さめの神社を回ってみましょう。
書ききれなかったら、次回パート2と言うことで、では早速。

十二支神社.jpg

まずは、八幡神社のすぐ裏側にあります「國瑞護国神社(くにみずひこ ごこくじんじゃ)」と読みます。
祭神は蜂須賀家政・蜂須賀茂昭、戦後は洲本市の戦死者も祭られています。
こんな書き方をしてよいのかどうかわかりませんが、靖国神社の洲本支店?みたいな捉え方を私はしています。
前回ご紹介した、金天閣のすぐ裏手です。
 次は、「八王子神社」です。
八王子神社は三熊山の頂上付近にある神社です。
祭神は観光案内のwebページには、「蛇の神様」になっていますが、私が調べたところでは、「国狭鎚尊(くにさつちのみこと)」(土に植物(主に稲)を植える神様らしいです)・「大山積尊(おおやまつみのみこと)」この神様についてはあまり記述がなく詳しくかけませんが、調べたところでは、スサノオノミコトの奥さんであるクシナダヒメの人間で言えば、おじいさんにあたる神様だそうです。
この八王子神社から、天守閣に向けて上ると十二支神社というのが並んでいます。
十二支に各神様を割り当てて(失礼な言い方ですね)あります。
それぞれを、下に書き出してみます。
子→伊勢大明神 丑→八幡大菩薩 寅→賀茂大明神 卯→松尾大明神 辰→大原大明神 巳→春日大明神
午→平野大明神 未→大比叡大明神 申→小比叡大明神 酉→聖真子大明神 戌→住吉大明神 亥→諏訪大明神
というふうになっているんですが、子、丑、寅、巳、戌、亥の神様は皆さんおなじみだと思うんですが、
卯、辰、午、未、申、酉の神様はあまり聞いたことがないのでは?
と思い調べてみました。
松尾大明神→大山咋神 大原大明神→タケミカヅチノミコト 平野大明神→スメオオカミ 大比叡大明神→オオナムチノカミ 小比叡大明→オオヤマクイノカミ 聖真子大明神→阿弥陀如来 となっています。
お一人だけ阿弥陀様が入っておられるのが気になる方もいらっしゃるでしょうが、昔の神仏習合の名残なんでしょうか。
各々の神様については、またの機会に「番外編」みたいな形で紹介させていただきます。
では、今回はこの辺で失礼させていただいて、続きは次回にとさせていただきます。
ではまた次回のブログでおめにかかります。

※写真は十二支神社です。