淡路島の素麺

御陵糸.jpg
こんにちは。夢海游淡路島濱岡です。
暑さも本番ですね。アイスが恋しい今日この頃です。

さて、今回は「淡路島の素麺」をご紹介します。

淡路手延素麺は、天保年間(1830〜1843年)に、
渡なる者が、伊勢神宮参拝の帰りに三輪の里を通り、
たまたま農家で素麺作りを見て、その製法を会得したく、
2年間この地にとどまり、これを取得して淡路へ帰り、
福良浦で素麺を作ったのが始まりです。

江戸末期には、まだ製造する家は数軒でしたが、
明治中頃からは漁業者の冬場の副業として徐々に発達してきました。
明治後期には各地の博覧会や品評会に出品し、たびたび受賞して、市場でも好評を得ました。 

素麺のおいしい季節になってきました。

当館ではこの素麺を鱧すき鍋の付けあわせで使ってます。
淡路島の素麺をぜひ一度お召し上がりくださいませ。