和食を愉しむ2日間!「御食国・和食の祭典in淡路島」が11/18(土)・19(日)に開催

和食の祭典

古代、御食国(みけつくに)として朝廷に食材を納めていた淡路島・若狭・志摩と、その食材を使って和食文化を発展させてきた京都。それぞれの食文化が一堂に会し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録された和食の魅力を学び・味わい・体験できる「御食国・和食の祭典in淡路島」が11月18日(土)と19日(日)の2日間にわたり、洲本市で開催されます。

当日は淡路島・若狭・志摩・京都の和食を味わうフードコート・物販ブースが勢ぞろい。
御食国の3県と京都の選りすぐりの食材を使った多彩な食に出会い、思う存分その味わいを楽しむことができます。他にも、各地域の特産物を詰め込んだ「御食国弁当」の販売や、淡路の島カフェコーナー、さらに和食文化の体験コーナーとして抹茶教室や日本酒の試飲・販売、和菓子作り体験など、まさしく御食国の食を堪能する2日間です。

また、19日(日) にはさまざまな分野の和食の達人が、和食と御食国について語る「御食国サミット」も開催。日本料理アカデミー理事長 村田吉弘氏の「関西の和食の魅力」、園田学園女子大学名誉教授 田辺眞人氏の「御食国の歴史」の2つの講演に加え、「現代に繋がる御食国」をテーマとしたパネルディスカッションも催されます。

深い味わいと歴史を持つ御食国の食材を、ぜひこの機会にご堪能ください。

<御食国・和食の祭典in淡路島>
【日 時】2017年11月18日(土)・19日(日) 11:00〜16:30
     (御食国サミット:2017年11月19日(日) 12:45〜16:00)
【場 所】洲本市文化体育館 文化ホール
     (兵庫県洲本市塩屋1丁目1−17)
【参加費】無料(飲食物の購入や和食文化体験の参加などは別途料金要)
【主 催】御食国・和食の祭典in淡路島 実行委員会
【問合先】兵庫県淡路県民局(TEL:0799-26-2085)

【お花見情報】この春訪れたい淡路島 桜の名所

3月も半ばに差し掛かり、桜前線の動向や開花予想が気になる時期。
豊かな自然に抱かれた淡路島では、例年4月に入ると山が桜の花にやさしく包まれ、薄紅色の春霞がかかったような美しい光景をご覧いただけます。
今年のお花見に訪れていただきたい、淡路島の桜の名所をご案内いたします。


sakura400x300.jpg
=小路谷 古城園(おろだに こじょうえん)=
ホテルニューアワジと向かい合う三熊山の斜面にある庭園。樹齢を重ねた大樹と若木の枝々が重なり合い、春色の錦絵が浮かび上がります。あわじ花へんろ第54番札所にも登録され、お客様や地域の方々に親しまれている桜の庭です。
●所在地:兵庫県洲本市小路谷20
●問合せ:0799-23-2200(ホテルニューアワジ)
●参照URL: http://awajihanahenro.jp/fudasyo.php?eid=00054
*あわじ花へんろ第54番札所


= 曲田山公園(まがたやまこうえん)=
洲本の市街中心部にほど近い小高い山一面に、約580本のソメイヨシノやサトザクラが咲き誇ります。洲本の街から大阪湾へと広がる眺望も清々しい桜の名所です。
夜には提灯のほの明かりに照らされ、また一味違った風情ある桜の姿をお楽しみいただけます。
●所在地:兵庫県洲本市山手3-4-10
●問合せ:0799-42-5310(南あわじ市サイクリングターミナル)
●参照URL:http://awajihanahenro.jp/fudasyo.php?eid=00030
*あわじ花へんろ第30番札所


= 三熊山・洲本城跡 =
古くは戦国時代からの歴史を刻む石垣と、たおやかな桜との対比が日本固有の美を感じさせます。山頂から見晴らす辺り一面の桜もすばらしく、東方に目を向けると、桜の花越しに淡路富士とうたわれる千山の姿も臨むことができます。
●所在地:兵庫県洲本市小路谷1272-1
●問合せ:0799-25-5820(淡路島観光協会)
●参考URL:https://www.awajishima-kanko.jp/manual/detail.php?bid=242


= 諭鶴羽ダム公園(ゆづるはだむこうえん)=
ダム湖の沿道に咲く約800本のソメイヨシノのトンネルの下を散策することができます。湖面に映る桜と萌え出づる木々の若葉。冬の眠りから目覚めた山の息吹に、自然の雄大なエネルギーが感じられます。
●所在地:兵庫県南あわじ市神代浦壁
●問合せ:0799-52-2336(南あわじ観光案内所)
●参照URL: http://awajihanahenro.jp/fudasyo.php?eid=00035
*あわじ花へんろ第35番札所


=賀集八幡神社(かしゅうはちまんじんじゃ)=
神社に向かう長い参道の桜並木が華やかに花開く、島内でも有数の桜の名所です。普段は静かな境内も、毎年4月の第2日曜日に執り行われる春祭りには、参道を練り歩く勇壮なだんじりと見物客で賑わいます。
参道に隣接する護国寺は江戸時代初期の庭園が有名です。にこにこ微笑む布袋さんが鎮座するお庭と山門前の桜も見事です。
●所在地:兵庫県南あわじ市賀集八幡734
●問合せ:0799-53-1625(賀集八幡神社)
●参照URL:http://awajihanahenro.jp/fudasyo.php?eid=00036
*あわじ花へんろ第36番札所


※桜の見ごろは例年4月初旬から中旬ごろですが、開花の状況は天候等により変動いたします。各名所にお越しになる前に開花状況をお問合せ下さいませ。

≪あわじ花へんろとは≫
あわじ花へんろは、淡路島が誇る花の名所・景勝地・観光施設等を巡っていただき、みなさまに花の島・淡路島の魅力と、島民とのふれあいにより、安らぎを満喫していただくことを目指しています。あわじ花へんろ「花の札所」推進協議会では、淡路島の花の見どころを「花の札所」に指定しています。

春を呼ぶ冬咲きチューリップショー

チューリップ400x300.jpg今年も冬咲きチューリップが洲本アルチザンスクエア前の市民広場を彩りました。
赤、ピンク、黄など色とりどりチューリップ4品種9,600球が、アルチザンの赤いレンガに映え、さながら異国のよう。
待ちきれない春を感じに、ぜひお立ち寄りください。

●冬咲きチューリップショー
洲本市民広場(洲本市塩屋1丁目)
開催期間:1月14日〜2月中旬まで
【問い合わせ先】
一般財団法人淡路島くにうみ協会 事業課
TEL:0799-24-2001
URL:http://www.awajihanamatsuri.com/news/detail.php?t=i&k=1447217562

冬だけのお楽しみ!カモメと一緒にうずしおクルーズ

kamome400x300
大迫力の鳴門の渦潮を間近で体験できる「うずしおクルーズ」には、寒いこの時期だけの楽しみがあります。
船内で販売しているエサ持って甲板へ。海へ向かってエサをまくと、カモメたちが見事ににキャッチ!
とても人に慣れたカモメたちは、差し出されたエサを手から直接上手に食べに来るほど。かわいいカモメたちとの触れ合いに、大人も子ども大はしゃぎです。
大人気のカモメクルーズは、3月初旬までお楽しみいただけます。


●うずしおクルーズ
〒656-0501 兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
TEL:0799-52-0054
URL:http://www.uzu-shio.com/
 ※詳しくはホームページを

淡路夢舞台の冬の特別展「ラン展」が2017年1月21日(土)より開催

夢海遊_ラン展.jpg
毎年恒例となった、淡路夢舞台の冬の特別展「ラン展」が今年も、2017年1月21日(土)〜2017年3月5日(日)の期間で開催されます。

「驚異のラン展―ランが誘う不思議の国」をテーマに、高さ20mもの空間を活かし、華やかで大胆な展示で形、色、そして香りとランの魅力を五感で楽しんでいただける淡路夢舞台のラン展。今回は10mを超える蘭華樹、空中に飛ぶ巨大な蘭のハンギングオブジェなど、ランと光が織りなす豪華なショースペースが登場します。ユニークなランの魅力を、ここでしか体験できないダイナミックなディスプレイでお楽しみください。

● 淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台4番地
TEL : 0799-74-1200
URL : http://www.kisekinohoshi.jp/
 ※詳しくはホームページを

目指せBMW&地中海クルーズ!? UNDOKAI World Cup開催!

UNDOKAI World Cup

来る10月29日(土)〜11月13日(日)の約2週間、淡路島で運動会の世界大会が開催されます。
運動会でおなじみの大玉転がしや障害物競走をはじめ、バブルサッカーや尻相撲など変わり種競技、
チーム対抗のソフトバレーボールや綱引きなど、30種類以上の競技に年齢や性別、国籍を問わず、
誰でも無料で参加できます。
*別途、国営明石海峡公園への入園料が必要です

何と言ってもこの大会の目玉は豪華賞品!!
21競技の各グランプリ受賞者21名には地中海クルーズのペア旅行がプレゼントされます。
また、世界一体力自慢グランプリのグランプリ受賞者にはBMWの電気自動車が授与されます。
その他にもお米1年分や淡路島島内の有名ホテル宿泊券など豪華賞品の数々。
力自慢の方だけではなく小さいお子様からお年寄りまで、淡路島の海と空の下で
思いきり体を動かしてみたい方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

大会申し込みは10月28日(金)まで、先着順となりますのでお早めにお申込み下さいませ。
*定員に達した場合は締切となります

また、当日は野外コンサート「AWAJI ACOUSTIC MUSIC ISLAND2016」も同時開催しております。
そちらも併せてお楽しみ下さいませ。

・UNDOKAI World Cup 大会公式HP
http://www.undokaiwc.com/index.html

・AWAJI ACOUSTIC MUSIC ISLAND2016 公式HP
http://awajiami.com/

・国営明石海峡公園
http://awaji-kaikyopark.jp/

淡路手延べそうめん作り体験

楓勇吉商店そうめん.jpg

この度は淡路島の特産の淡路手延べそうめんをご紹介させて頂きます。
夏の食べ物のイメージが強い「そうめん」ですが、実は淡路手延べそうめん
が作られるのは10月〜3月の寒い時期だけで二昼夜かけて行われます。
淡路島のそうめん作りの歴史は19世紀前半に漁師の冬の副業として広まった
と言われています。
淡路手延べそうめんの特徴は、長い間受け継がれてきた昔ながらの製法で
作られているため、造り過ぎない、素朴な味にあると言われています。
ほとんどの手延べそうめん製麺所が機械化を進めている中、淡路手延べそう
めんの製麺所では人の手で一つ一つ丁寧に伸ばしていきます。 大変手間の
かかる作業ですが、生地を無理に伸ばして傷めることなく、滑らかで美しい
麺をつくることができます。 出来上がった麺を蔵でじっくり寝かし、1年以上
熟成した物は古物(ひねもの)と呼ばれます。古物のそうめんは茹でても
「コシ」が強く、茹でのびしにくい麺に変化するのです。一番の食べ頃は
2〜3年ものと言われています。

南あわじ市福良にある楓勇吉商店では門干しや釜揚げなど、淡路島の特産品
・手延べそうめんを作る体験ができます。そうめん作りの達人の技を見られ
る絶好のチャンス。旅の思い出作りにいかがでしょうか?


株式会社 楓勇吉商店
所在地: 〒656-0502
兵庫県南あわじ市福良乙934-6
TEL: 0799-52-0238
FAX: 0799-52-3218

【素麺づくり体験】
時期:10月〜3月の午前中
所要時間:1時間30分
料金:3000円/人
催行人数(最小・最大) 最少 2人最大 40人
お申し込み方法: 要予約

厳島神社の秋の例大祭「弁天祭り」

厳島神社.jpg

夢海游 淡路島から徒歩15分ほどの距離に「厳島神社」がございます。こちら
の神社のご祭神は招福の神「市杵島姫命」(いちきしまひめのみこと)で
「水・海の神」・「知恵の神」として信仰を集めています。

また、島民からは「弁天さん」と親しまれている神様で、
海→うみ→生→産→むすびから「縁結び」「安産」の神としても有名です。

そんな「弁天さん」が祭られている厳島神社で11月21日(木)〜23日(土)の
3日間、秋の例大祭「弁天祭り」が行われます。

秋の例大祭は白装束の奉仕隊がご神体である弁財天を背負い、背中をぶつけ
合いながら、「チョーサジャ」などと力強く声を出して練り歩きます。この
独特な御神幸は、日本の奇祭の一つにあげられています。

また道路の脇には多くの露店が立ち並ぶ島内最大の祭りです。淡路島に
お越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

秋のおすすめスポット♪

こんにちは。
マルチタスクの原田です。

本日は淡路島の秋のオススメのスポットをご紹介します!
先日、《あわじ花さじき》に行って参りました。

色々な種類のコスモスが咲き始めていて、とても綺麗でした。

写真_1~1.JPG

展望デッキからは、お花で作られたアートを楽しむことができます。
2013年秋のテーマは、【うさぎのお月見(LOVE LOVE バージョン)】です!!
『サルビア』の花で描かれています。

写真_2~1.JPG
撮影スポットもありましたので、旅行の記念にカップルやご家族の方にもオススメです☆

コスモスの見頃は、これから11月にかけて満開になります!

開園時間は9:00〜17:00で、
入園料も無料なので、淡路島にお越しの際はぜひ、お立ち寄りください。

ロングライド2013

みなさまこんにちは、新入社員マルチタスクの岡です。

暑かった夏も、終わりを告げるときが近付いてまいりましたが、淡路島にはまだまだアツいイベントが残っております。
そのひとつ、ロングライドという自転車のイベントを御紹介いたします。

top03.jpg

当イベントは島内外から自転車を好きな方々が集まって、淡路島を一周するというシンプルでありながらもその中で人と人との交流が生まれる素晴らしいイベントでございます。
年に一回行われており、本年は今月の23日に開催されます。
ご都合さえよろしければ、沿道で数え切れないほどの自転車が通り過ぎるのをご覧になってみてはいかがでしょうか。

また自転車でのイベントのため、当日はお車で御移動される方々は混雑が予想されますので十分にご注意くださいませ。

それでは、みなさまにお目にかかれる日を楽しみにしております。