淡路ビーフ

こんにちは。夢海游飲料部の山本です。



img_dish01_main.jpg

今回は、淡路ビーフを紹介させていただきます。

淡路ビーフの条件としまして、
・淡路島で生まれた。
・淡路島で肥育された。
・淡路島の食肉センターで解体処理された。
以上を満たした牛が淡路ビーフのブランド名を使用できるわけなんですね。

淡路島の牛のほとんどは但馬牛であり、但馬牛は、元来は兵庫県の但馬地方を原産とする黒毛和種であるが、今日では最高品質の純血統の但馬牛は、原産地の但馬よりむしろ淡路島での出荷数が多いんですね。

また、淡路島の但馬牛の子牛は出荷され、神戸牛や、松坂牛の素牛にもなっています。

淡路ビーフは脂と肉とのバランスが良く、以外にあっさりとして食べられます。
当館で使用しているのは、淡路牛です。お昼は淡路島牛丼として提供しておりますので、
是非食べに来てくださいね