雑煮

こんにちは。夢海游料飲部山家です。寒い日が続いてますね。
皆様風邪など引いていませんか。

さて今回は、皆様もお正月召し上がったと思いますが、「雑煮」をご紹介します。

「雑煮」は初めて室町時代に書かれた『鈴鹿家記』に「雑煮」という言葉が登場しました。
それ以前の言葉では武家社会における儀礼料理説に一説があり、雑煮を元来は武家社会における料理であり、餅や野菜、乾燥食品などを一緒に煮込んだ野戦料理だったのではないかと考える説です。この説によれば、正月に餅料理を食する慣習は古代より「歯固」の儀式と結び付いた形で存在しており、それと関連して発生しました。雑煮は元は烹雑(ほうぞう)と呼ばれており、この料理が次第に武家社会において儀礼化していき、やがて一般庶民に普及したものとみられています。本膳料理においては最初に雑煮が出され、武家社会における饗宴には欠かす事のできない料理であったと見られます。

江戸時代、尾張藩を中心とした東海地方の諸藩では、武家の雑煮には餅菜と呼ばれる小松菜の一種のみを具としたようです。餅と菜を一緒に取り上げて食べるのが習わしで、「名(=菜)を持ち(=餅)上げる」という縁起担ぎだったといいいます。なお、上記の習わしが武家社会一般の作法だったという説は、誤伝による俗説であります。(この影響もあり、現在でも名古屋市周辺では餅と小松菜のみの雑煮が見られます)

また、民俗学の観点からですと餅を主体とする雑煮は近世以後に全国的に普及したもので、それ以前においては民衆社会に根ざした正月用の儀礼料理でありました。また、餅主体の雑煮は畿内周辺にしか存在しなかったようです。(東北や九州では、正月に餅を食する習慣が成立したのは時代が下ってからと考えられており、それらの地域を除くと、餅を主体とした雑煮が食されていたのは畿内周辺および地方の米作地帯に限定されます)。

古来においては一日は夕方から始まるとする風習があり、元旦は大晦日の夕方から始まると考えられていた。大晦日の夕方に神仏に供えた餅や飯を日の出後に降ろして、具材を加えて煮た物が雑煮のルーツとされています。

いずれにせよ、雑煮にはいろんな説があるようですね。
どちちらの説にしても縁起がいいものです。

今年も始まったばかりです。皆様、いい年でありますように。