淡路島の民話22

皆さんこんにちは。日曜日ブログ担当の長尾です。
今回ご紹介するのは「狐の恩返し」というお話です。
まずはお話をどうぞ。

狐の恩返し

狐の恩返し
(旧南淡町の民話)

「明日一日私の子供をかくまって下さい。お殿様がこの裏山で狩りをなさるんです」
夢枕に現れた母狐の熱心な頼みをお百姓さんは聞いてあげることにしました。
「ありがとうございます。」
夢でも見たのかなと首をかしげながらお百姓さんは眠ってしまいました。
やがてとをたたく音に目を覚まして見ると、二匹の子狐を連れた昨夜の母狐がやってきました。
裏の物置に隠して身を潜めていると、すぐに狩りが始まりました。
子狐の様子に心を配り、外の気配を伺いながらやっと無事に日が暮れて、母狐は喜んで山に帰っていきました。
暫く経ったある日、山で木を切っていたお百姓さんは間違って蛇の首を切り落としてしまいました。蛇の首を探しましたが見つからないまま、薄気味悪く思いながらもそのまま家に帰ったその夜のことです。
先日の母狐がまた枕元に立って「首を切られた蛇が敵討ちをしようと分所の水瓶に隠れて待っています。瓶の水を飲んではいけません。田んぼの横のくぼみを掘ったら綺麗な水が湧いてきます。」
と教えてくれました。
夢に見た狐の言葉通りお百姓さんは命拾いし、綺麗な湧き水で田んぼも潤いました。
「あなたは今時珍しい心の優しい人です。本当に有り難うございました。」と、母狐は御礼を言いながら、山に帰っていきました。


人間に限らず、何かを助けると良いことがありますよというお話でした。
悪いことは悪いことで自分に跳ね返ってきます。
皆さんもご注意を。
それではまた次回のブログでお目にかかりましょう。
See you on next blog! Bye-Bye!!

おすすめ商品

IMG_1843.JPG

こんにちは!新入社員の盒兇任后
本日ご紹介する商品は「鳴門金時芋吉兆」です!

鳴門金時を使った商品は何種類かあるのですが、
この商品はお芋の形をしたおまんじゅうで見た目も可愛いです!
購入されるお客様の中でも「可愛いね〜」と言って、
何箱もまとめて買って頂く方もいらっしゃいます。
8個入り525円と10個入り1050円の2種類で販売しておりますので、
当館にお越しの際は是非一度購入してみては如何でしょうか。

淡路花祭

フロント杉本です。

今回私は、こちらのイベントをご紹介させていただきます。


『淡路花祭2011』


ハンナ



去年の『淡路花博2010』に続き、今年も淡路の“花”のイベントがやってきました。

イベントのスタートは差し迫っていますが

明日、2/25(金)〜5/31(火) (97日間)

までのおよそ3ヶ月の間、

淡路島内13ヶ所のイベント会場で花と緑に触れ合う事ができます。

メイン会場は『ウェルネスパーク五色』となっています。


イベントの口火を切るのは、


『淡路島国営明石海峡公園』

早速明日から、


冬の貴婦人クリスマスローズ展

期間:2011年02月25日〜2011年02月27日
入園料 大人:400円、小中学生:80円、シルバー:200円
会場:淡路島国営明石海峡公園
内容:冬から春にかけての代表的な花の一つであり、愛好家も多いクリスマスローズを中心としたモデルガーデン展示や新花紹介、園芸家によるセミナー等を実施します。・早春の花モデルガーデン、展示クリスマスローズ新花展示 など


春一番の花まつり

期間:2011年02月25日〜2011年03月18日
入園料 大人:400円、小中学生:80円、シルバー:200円
会場:淡路島国営明石海峡公園
内容:早春の桜「カワヅザクラ」の見頃に合わせ、春一番のお花見場所として、野点や茶店、桜の押し花クラフトなど趣のあるイベントを展開します。・桜の下の茶店、桜の押し花クラフト など


あすからスタートです。
淡路島は花と緑の島です。
自然を五感で感じてください。

おもてなしの心コンテスト

皆様こんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

昨日『第9回おもてなしの心コンテスト』が開催されました。


看板


6部門に分かれ、実技試験・筆記試験が行われます。
審査員はその道のプロばかり!
厳しい目で審査されます。




当館からは5名が出場致しました!

出場者全員、猛勉強の上、当日を迎えましたが
強豪ぞろいのコンテスト・・・


輝かしい結果を頂けたのは1名のみ!

お客様をバスで送迎するという場面の審査を行う、
運輸部門に出場した 河村憲寛 が第1位を頂くことができました!!
ありがとうございます!


川村


(漢字が間違っていますが、後程訂正して頂きました)


河村



年に一度開催されるコンテスト。
審査員の方に「年々レベルが上っているのを感じます」とコメントを頂きました。

惜しくも入賞を逃した出場者も、
コンテストに向けての努力は確実に実力につながっています!


彼、彼女らのおもてなしを味わいに、
当館、夢海游淡路島にぜひ、お越し下さいませ。

笑顔のおもてなしでお待ち致しております。

日本酒が出来上がるまで(瓶詰その2)

皆さん、こんにちは。料飲部の堀井です。少しずつ暖かくなってきましたね。淡路島では、梅が咲き始めていますよ。

先週で日本酒の工程が全て終わりましたが、今回は酒蔵で飲むお酒は美味しい!ですが、瓶に入っているお酒となぜこうも味が違うのかをお話いたします。

清酒のほとんどは、原酒の状態で酒蔵タンクに貯蔵される直前と、市販酒として瓶詰めされる直前との二回にわたって火入れが行われています。いずれも清酒を65度前後に加熱し、清酒中の酵素の活性化を止めるのと同時に、殺菌する為なのです。

1.「生酒」とラベルに記載しているのをご存知だと思いますが、「生酒」というのは火入れを一切行わないもので、搾りたての新酒そのままの生です。

2.「生酒」とは別に「生詰め」というのもあり、「生詰め」は、酒蔵タンクに貯蔵される直前は火入れを行うが、瓶詰めの直前には火入れしないお酒のことを言います。一度は火入れをしているということになります。

3.「生貯蔵酒」は生のまま冷蔵貯蔵しておき、出荷の瓶詰め直前に火入れして出荷するお酒のことをさ指します。貯蔵中が生なことからこの名前が付いたそうです。

また「生酒」は完全に冷蔵のままで、流通させなければならないため、現在では、「生(なま)」と呼ばれているもののほとんどが生貯蔵酒になります。ただほとんどの生貯蔵酒が、「生(なま)」の文字が大きくラベルに印刷されていることで、これを本当の生酒と思い込んでしまっている人が多いようです。

かなり前にお話をさせていただいた「ひやおろし」。秋も深まったころ、気温が下がってくるので瓶詰め直前の火入れをせずに出荷できるようになります。このようにして出荷される酒を「ひやおろし」といい昔から珍重されています。この酒が(2)にご説明しました「生詰め」です。

少しでも日本酒のことを知っていただいて飲むと、またいつもと違う味わいが楽しめるかも知れません。当ホテルでも地酒をご用意しておりますので、是非お越しの際は召し上がってみてください。

それでは、次回をお楽しみに!

淡路島の民話21

皆さんこんにちは、日曜日ブログ担当の長尾です。
今回のお話は、沼島の「古水の浦」に住む赤猫のお話です。
まずはお話をどうぞ。

古水の浦の赤猫
(旧南淡町の民話)

古水の浦の赤猫.JPG

「もしもし喉が渇いているのでこの柄杓で一杯水を飲ませて下さいな」
それはそれは綺麗な娘さんが近づいてきて、船の側らで網の手入れをしていた漁師さんに頼みました。
「ああ、おやすいご用だよ」
水桶の所まで来て柄杓に手を掛けた漁師さんは、ふと古水の浦の赤猫が綺麗な娘に化けて、水が飲みたいと船に近づいて借りた柄杓で水をくみ入れて船を沈めてしまうという話を思い出しました。
「そうは問屋がおろさんぞ、すんでの所でやられる所だった」
側にあった柄杓の底を抜き娘に渡して漁師さんはさっさと逃げ出しました。
柄杓をもらった娘さんは舌をペロリ。しかし汲んでも汲んでも水はいっこうに溜まりません。
「ギャーオ、よくもだましやがったな。えーい口惜しい、ギャオ、ギャオ、ギャオ」
大声で叫びだした娘の口は耳まで裂け、真っ赤な火のように燃えて、とてもこの世のものとは思えません。
葦の茂みの中でガタガタ震えながら漁師さんが覗いていると、やがて赤猫は諦めてどこかに行ってしまいました。
そんな話があることから、沼島では底の抜けた柄杓を船に入れておいて、海の難所を通るときにそれを海に投げ捨てておまじないにしています。


いかがでしたでしょうか?
漁師さんのとっさの機転が功を奏しました。
同じ様な内容のお話は日本昔話で見ました。全国の漁師町であるお話なんでしょうね。
これからは機転を利かせて生きて行けるように頑張りたいと思います。

それでは又次回のブログでお目にかかりましょう。
See you on next blog! Bye-Bye!!

梅の花

こんばんは、國井です!


最近急に寒くなりましたね。
今年は咲きが遅かった水仙も、この寒さで沢山咲いてきていると思います。
今年は水仙郷も少し長く開園しているようなので良かったら足を運んでみてください。



さて、今回は春の花、梅が見られるところを紹介いたします!


まずは、生石公園(おいしこうえん)。
大阪湾と紀淡海峡を一望し、成ヶ島を見下ろすことが出来る生石公園には赤梅、白梅合わせて約260本が植えられています。
こちらは夢海游淡路島からお車で30分程度のところ。
その先には立川、灘黒岩の水仙郷がありますので、水仙郷へ行く途中に寄ってみてはいかがでしょうか。

viewimg0.jpg



淡路島随一の梅の名所と言えば、南あわじ市にある、広田梅林
隣接する広田梅林ふれあい公園の梅と合わせて、約450本の梅が見られます。
また春にはソメイヨシノなど約50本が咲き誇ります。
散策できるようになっていますので、のんびり楽しめそうですね。
こちらも夢海游淡路島からお車で30分程度です。

viewimg1.jpg



最後に、八木のしだれ梅(村上邸)
こちらは個人のお宅なのですが、テレビ局が撮影に来るほどの見事なしだれ梅が見られます。
オープンガーデンで庭の植木を公開されており、多くの人がこのしだれ梅を観賞しに来られます。
村上邸へ行かれる際は、マナーをよく守っていただきますようお願い致します。
また、駐車場はありませんのでご注意ください。


P1020113.jpg
続きを読む>>

健康診断!

皆様こんにちは!夢海游淡路島の櫻井と申します。

本日は従業員の健康診断が行われています。


健康診断


ちなみに私の体重は年々増量しております・・・。

来年からは生活習慣病予防検診の対象年齢になる我が身。
食生活の見直しが必要かもしれません。

年に一度の健康診断!
皆様も受診されましたでしょうか?

忙しい日常に、ご自身の体調は二の次という方も多いのでは・・・

この機会にしっかり診ていただいて、
ご自身の体の声に耳を傾けてあげてくださいね。

ん・・・?
なになに・・・?
温泉につかってのんびり過ごしたい・・・?

そんなあなた様を
洲本温泉の湯がお待ち致しております!

ここ数日の寒波に縮こまった体も、お仕事に疲れた心と体も
ゆっくりほぐしにいらしてくださいね。

日本酒が出来上がるまで(火入れ・瓶詰)

皆さん、こんにちは。料飲部の堀井です。

さて前回までは、\妻蕩∪米・浸漬→蒸し→す蹐鼎り→ゼ鯤譬醪(もろみ)→Ь總紜滓引きの工程までをお話させていただきました。今回は、最後の工程のその火入れ・瓶詰についてお話をさせていただきます。

日本酒2.JPG

火入れは、貯蔵しぼって二ヶ月くらい味なれさせたお酒は、65度前後に加熱して殺菌します。その後貯蔵タンクに移してさらに半年程寝かせます。

瓶詰に際しては酒質をきちんと整えるために、いくつかのタンクの酒を調合します。簡単に言いますと、ブレンドになります。その後、活性炭素でお酒を濾過し色や雑味を取り除いて、加水して決められたアルコール度にして、もう一度火入れ殺菌をしています。

そして最後に瓶詰めとなります。

これは、私の余談になりますが、酒蔵で飲むお酒はとっても美味しいのに、どうして瓶詰めするとこうも味が変わるものなのでしょうか?これについては、次週お話をさせていただきます。

お楽しみに!

ショートケーキ

皆さん、こんにちは。料飲部の堀井です。淡路島ではほとんど降らない雪が沢山降っていますよ。お車を運転されている方は、運転には注意してくださいね。

苺ショート2.JPG


さて、今回は「ショートケーキ」の由来についてお話をさせていただきます。ショートとは、もろい・砕けやすいと言った意味でも用いられていて、もともとのショートケーキは、ショートブレッドとも呼ばれていて、サクッとしたビスケットのようなものを使っていたことから、ショートケーキと名が付いたそうです。

それが、日本人向けに改良されて出来たのが、スポンジを使ったショートケーキと言うことになります。日本で最初にショートケーキを作ったのが、大正11年に不二家の創設者・藤井林右衛門皆さんにより販売されたのが最初だそうです。皆さんも良くご存知のケーキ屋さんですね。

又、海外では、パンの間に苺などのフルーツを挟んだものや、温かいうちに切って提供するのがショートケーキと言うところもあるそうですよ。

本当に、奥が深いですね。それでは、次回をお楽しみに!