ウミホタル

こんにちは!フロント國井です。

本日は、『ウミホタル』を紹介します。




皆さんは『ウミホタル』をご存知でしょうか?

ホタルと言えば、ゲンジボタルのような発光する昆虫を想像される方も多いでしょう。
ウミホタルは、同じように発光する生物なのですが、山川に住むホタルと違い、体長3个曚匹両さな海に住む生物です。
また、夜光虫(海洋性プランクトン)とも違い、甲殻類で、ミジンコの仲間でもあります。


ウミホタルは、外敵に対する威嚇として、刺激を与えられたときに青色に発光します。
夜の海に青色の光が放たれる様子は、非常に神秘的でなかなか興味深いものがあります。

umihotaru1.jpg




このウミホタルは、淡路島では阿万海岸で見ることが出来ます。

そして、洲本温泉では昨年も好評でした、ウミホタルを見るためのツアーバスが運行されます。
もちろん今年も参加費は無料です!!
4月から9月中旬ごろまでの、金曜日と日曜日に運行される予定です。
(6月は山ホタルのツアーになります。)


このツアーには予約が必要となりますので、お早めにお問い合わせ下さい。


是非ウミホタルを見に淡路島へお越し下さいませ!

新入社員研修

皆様こんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

今回は、先日、当館にて行われたホテルニューアワジグループ新入社員合同研修の様子をご紹介させていただきます!


IMG_1938.JPG


『和室でのふるまい』では
ふすまの開け閉めの仕方や立ち方・座り方など、先輩社員が講習を行いました。

正座に慣れていない人がよろけてこけてしまうアクシデントも!


IMG_1940.JPG


別の会場ではトレイサービスの練習もしました。
サービス初心者も、1時間の研修でずいぶん上達しましたよ♪
去年の新入社員が講師として頑張っていました。

今回の新入社員たちも来年には講師として活躍しているかも・・・
新入社員たちの成長が楽しみです!

研修は、私たち先輩社員にとっても改めて勉強になる良い機会でした。

眼張

こんにちは!飲料部の山家です。今回はメバルをご紹介させていただきます。


01.jpg




メバルは年通あるように思える魚ですが以外に春が旬なんですねぇ。
眼張の漢字の由来は「体に対して目が大きいため」なんですって。確かにそうですね。

眼張は、食べ方としては、メジャーな食べ方は煮付けですが、その他に、唐揚げにしたり、塩焼きにしたり、鮮度がよければ刺身でもいただけます。

釣りの好きな方は、淡路島付近で釣れるので、是非お楽しみください!

淡路島の民話26

芝右衛門狸(シバエモンタヌキ)
(洲本市の民話)

柴右衛門狸.JPG

三度の飯より芝居が好きな三熊山の芝右衛門。女房のおますと二人で毎日徳利片手に淡路中の芝居見物。
「なあ、おます。浪速の中座というところで、すごい芝居をしているそうだ。千両役者が勢揃い、舞台も、衣装も、そりゃええそうだ。」
そこでこの狸の夫婦、木の葉のお金で船に乗り、浪速の中座へいちもくさん。
芝居の始まる一寸の間、夫婦で化け比べ。おまんは道行く人も見とれる、見るもまぶしい花魁に化けました。
「今度はあんたの番や芝右衛門」よっしゃとばかりに芝右衛門は殿様に化けました。
ところがそこに、「下に、下に・・・」と本物の殿様行列がやってきました。
何も知らないおますは、芝右衛門と思いこみ、両手を打って駆け寄りましたが、あっさりと手打ちになってしまいました。
芝右衛門は泣いて悔しがりましたが、根っからの芝右衛門、淡路に帰るその前に芝居見物の仕納めにと、木の葉のお金で小屋通いを始めました。でも、とうとう犬に見つかり、皆に追われて頭を打たれてあの世行き。
それから間もなく洲本では、「三熊山から芝右衛門が消えた。浪速の中座で芝居を見ていて、犬に見つかり殺されたそうな。」という噂が口から口へ流れました。これを聞いた洲本の人たちは芝右衛門をあつく弔ったそうです。
そのお堂が今でも洲本城本丸の脇と、洲本八幡神社の境内に残っています。

こんにちは★

新入社員の金岡さとみです!!

ここのブログで新入社員と言うのも最後になってしまいます。。。
私たちはこの4月から1つ先輩になります!!
みなさまも成長した私たち、新入社員たちを是非見に来てくださいね♪

今回は淡路島の滝、鮎屋の滝を紹介します!!
春には桜、夏にはホタルと避暑、秋には紅葉と、
四季を通じてたくさんの風景を見せてくれますww

滝は落差15m弱で、少し小さな滝ですが
今からの季節、軽くリフレッシュしに、
マイナスイオンをたっぷり浴びてみてはいかがですか??

当館からも車で20分ほどでいけますよ♪


滝



金岡さとみ

早咲き桜

こんにちは。予約課の河村です。

淡路ではだんだんと気候も良くなり、
最近ではポカポカ陽気の日が多くなってきました。
ようやく春っぽくなってきましたね。

もうすぐ春と言うことで今回は桜を紹介させていただきます。

sakura

温暖な気候の淡路では早咲きの桜を見ることが出来ます。

洲本市にある市民交流センター近くの川沿いに早咲きの桜があり、
今ちょうど見ごろを迎えています。

数は少ないですが、この桜を見ると一足早く春を感じることが出来ます。

洲本インターから近いので時間に余裕があれば、是非ご覧下さい。

桜鯛のポワレ

皆様こんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。


IMG_1869.JPG


写真は春のメニュー!!


桜鯛のポワレ でございます。



夢海游淡路島のレストラン『浜房』でご用意している、
四季彩ダイニング会席 では
焼き物、油物をお食事の席でいずれか一品ずつお選びいただいております。


〜焼き物〜

・淡路牛のミニステーキ

★鳴門桜鯛のポワレ

・伊勢海老のポワレ
(2名様以上でお一人様¥1000)

・鮑のソテー
(お一人様¥500)


〜油物〜

・活き車海老の天婦羅

・淡路由良産フルセの天婦羅

・淡路由良産鰈の唐揚げ



3月から、こちらのチョイスメニューに春の食材が登場しておりますので

ぜひご賞味くださいませ!!

こんにちは夢海游のサービス菅です。今回はまさに春の魚「鰆」をご紹介します。


Scnip_u0.JPG



鰆は出世魚で、サゴシ⇒ナギ⇒鰆という具合になります。
鰆は一般的には白身魚として取り扱われていますが、成分的には赤身の魚なんですね。

一般的には焼き魚、西京味噌を使った西京焼き、また、竜田揚げ、刺身なんかにしても美味しく召し上がれます。

当館では、朝食には西京焼き、夕食時にはお造り盛り合わせの一種に使用しております。
漢字に「春」がつく「鰆」。今が旬ですので、是非お召し上がりくださいませ。

夏野菜第三弾「オクラ」

こんにちは!夢海游淡路島飲料部の山本です。今回はオクラをご紹介させていただきます。

250px-Bucket_of_raw_okra_pods.jpg

オクラは明治初期に日本に入ってきて、原産国はアフリカ北東部になります。温帯地域や熱帯地域で栽培されているため、日本では夏によく目にします。

オクラは非常に体によく刻んだときに出るねばねばはペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす働きがあります。また、他の栄養素としては、ビタミンA、B1、B2、C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれるため、夏ばて防止、便秘・下痢に効く腸整作用などが期待できます。

日本では、生あるいはさっと茹でて小口切りにし、醤油、鰹節、味噌などをつけて食べることが多いです。他にも、煮物、天ぷら、酢のもの、和えもの、スープ、すりおろすことによってとろろの代用にするなどの利用法があります。

皆さんもオクラを食べて暑い夏を乗り切りましょう( ^^)ノ

淡路島の民話25

皆さんこんにちは。日曜日ブログ担当の長尾です。
今回は悪戯好きの「おまん」という狸のお話です。
まずはお話をどうぞ。

札場のおまん狸
(一宮町の民話)

札場のおまん狸.JPG

「江井浦(エブラ)」の屋敷からの帰り道、供の者が急病になり大きな荷物をかかえて困っています。
荷物を下司(クダシ)まで運んでもらえぬだろうか、礼は十分にするから」
戸をたたく音に眠りかけていたお百姓さんが、目を覚ましてみると立派な身なりのお侍が戸口に立っています。
朝まで待てないというお侍の言いつけでしぶしぶ外に出たお百姓さんは手槍を担ぎました。
たいそうな行列で近所の皆もそれぞれ箱を担いで並んでいます。
さあ、行列の出発です。お百姓さんも背中を伸ばし、きっと前を見据えてなんだか武士になったような気分でしずしず歩いていきます。
随分あるいた頃、一番鶏が鳴き東の空も白くなってきました。
得意満面に前を見やってビックリ仰天。
「あれ行列が消えてしまった」
「おまえの担いでいるのは札場の墓のと卒塔婆じゃないか。そりゃ一体どうしたんだ。」
とたんに体の力が抜けてそばの皆もへたり込んでしまいました。
これは札場のおまん狸にやられたわい、皆笑ったり怒ったりしながら村まで帰っていったそうです。

随分大がかりな悪戯ですよね。
でも最後は何となくにっこりしてしまうのは私だけでしょうか?
では又次回のブログでお目にかかりましょう。
See you next week!
Bye-Bye!!