淡路島の気になる所(人物)

皆さんこんにちは、歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回は、前回お知らせしました通り、国生み神話の2神の子供には数えられなかった、2人の子供についてお話を書かせていただきたいと思います。
なにやら、子供、子供と人間のように書いていますが、あくまでも神様のことなので
失礼な気持ちでいっぱいになりながら書いていますが、これからもこの表記を使わせていただきたいと思いますので、悪しからず。では参りましょう。

日本地図.jpg

最初に申し上げておきますが、今お話している順番はあくまでも「古事記」に出てくる内容でお話させていただいておりますので、お含みおきを。
ではまず、一人目の子供ですが名前を「蛭子命(ひるこ)」と言います。
表記方法は他にもヒルコ・水蛭子・蛭子神などあります。
蛭子命は伊弉諾尊・伊弉冉尊の第一子として誕生するのですが、不具の子として生まれたために、葦の船に乗せて流されてしまいます。
これは、子作りの際に伊弉冉尊が先に声をかけてしまったためこうなったとされています。
さて、葦の船で流されてしまった蛭子命が流れ着いた先ですが、これまた諸説ありまして、私個人的に有力だと思っているのは、西宮の西宮神社(西宮のえべっさん)です。
七福神の恵比寿様とはイメージがかなり違いますが・・・・。
ちなみに「日本書紀」の中では、三貴士(みはしらのうずのみこ)の前に生まれており、最初に生まれた神ではないようです。
 続いて、2番目に生まれたアハシマ(あわしま)ですが、「古事記」の中ではこのアハシマまでが、伊弉冉尊から先に声をかけて生まれた子供とされています。
このアハシマも蛭子命と同様に葦の船で流されてしまうのですが、アハシマの表記も、淡島・粟島と諸説あり、また流れ着いた先も諸説あるようですが、流れ着いた先に関しては、個人的にもっとも信用しているのは、和歌山県の加太です。
ここには淡島神社があり、人形供養・裁縫の上達・安産、子授け・婦人病治癒で参拝される人が多いことから、アハシマは女神であると考えます。
この後、伊弉諾尊・伊弉冉尊は前回でも書いたとおり、国生みを完成させます。
淡路島・四国・隠岐島・九州・壱岐島・対馬・佐渡島・本州、この8つで大八島国(おおやしまのくに)といいます。
余談ですが、エヴァンゲリオンの「ヤシマ作戦」はここから名づけられました。
伊弉諾尊・伊弉冉尊は最終的に火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)という火の神様を生んで伊弉冉尊が亡くなってしまうまで、日本の国を固めていきました。
今回のブログはこの辺で失礼させていただきます。
次回は、以前書いたかも知れませんが、「御食国」のことについて書きたいと思います。
また次回のブログでお目にかかります。

売店のオススメ商品 −2品目−

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの給田です。


淡路島でもようやく、桜の開花が始まりました。
気温も上がってきて、すっかり春の陽気ですね♪


では、私のオススメする当館売店の商品をご紹介いたします♪
今回は・・・



金時芋せんべい.jpg



『鳴門金時芋せんべい』です!
歯ざわりの良い塩味のおせんべいに、鳴門金時が練りこまれていて甘いお芋の風味を感じられます。
甘じょっぱいお味が人気の一品でございます。


お友達へのお土産にもぴったりですよ♪


では、また次回のブログでお目にかかりましょう。

明石海峡大橋 海上ウォーク

みなさんこんにちは。
マルチタスクの澤田です。

もうすぐ4月ですね。
先日は当館でも新入社員研修があり、
いよいよ後輩が入ってきますので、
お手本になれるよう頑張っていきたいと思います。

本日ご紹介させていただくのは、
明石海峡大橋 海上ウォークでございます。
5月25日と26日に開催されます。
参加するには応募が必要で、
当館にも置いてございますハガキを送るか、
パソコンやスマホでの応募もできます。

普段は通ることのできない明石海峡の管理用通路を通って、
舞子から淡路島まで約4キロを歩いて渡ることができます。
格子になっている通路は海上50メートルにあり、
海や自然の広大さを感じたり、
空中散歩をしているようなスリルも味わうことができます。

ぜひご家族やお友達のみなさんでご参加してみてはいかがでしょうか。
きっと忘れられない思い出になると思います。

海上ウォーク.jpg

勇壮なだんじりが練り歩く淡路島の春祭り

danjiri_matsuri1.jpg

色とりどりの花が咲き誇るこの季節、淡路島では毎週どこかで春祭りが
行われます。 淡路島の春祭りは、豪華な刺繍や彫刻が施された
「ふとんだんじり」の勇壮な練り、そして情緒あふれる「だんじり唄」と
魅力がいっぱい。
島民のアイデンティティとも言える祭りは、それぞれの土地の地域性が
色濃く反映され、個性あふれる祭りがあちらこちらで催されます。
穏やかな島の陽光の中、花を愛でながら、自然との一体感が味わる素朴な
淡路島の春祭りを是非お楽しみくださいませ。

● 主な4月の春祭り情報

■4月7日(日)都志八幡宮春祭り
 内容:地元町内会のふとんだんじり8台、船だんじり2台のほか、
    神輿が境内を練り歩く。その他獅子舞の奉納も。
 問合せ先:洲本市五色庁舎産業振興課 0799-33-1923

■4月14日(日)賀集八幡神社春祭り
 内容:神輿1台、だんじり12台、獅子10頭が勢ぞろいし、各地区の
    だんじり唄は必見。
 問合せ先:南あわじ観光案内所 0799-52-2336

■4月14日(日)伊勢の森神社春季例祭「はしご獅子」
 内容:太鼓が鳴り響く中、高さ10mあまりの綱と梯子の上で獅子舞が
    行われる。
 問合せ先:淡路市観光案内所 0799-72-4624

■4月20日(土)〜4月22日(月)
 伊弉諾神宮 春季例祭
 内容:淡路の春祭りを代表する祭。3日間行われる祭りは、初日:夕の宵
    宮祭、2日目:淡路祖霊社霊祭、3日目:本宮大祭。お神楽を奏し、
    だんじり10余台や引き舟がくりだす。午後の御神幸式の浜の宮神社
    への行列が美しい。
 問合せ先:伊弉諾神宮 0799-80-5001

■4月29日(月)淡路だんじり祭
 内容:市内各地から集合した約30台のだんじりが威勢よく練り歩きます。
    だんじり唄や獅子舞の披露、フリーマーケットや物産展も開催。
 問合せ先:南あわじ市生涯学習文化振興課 0799-37-3020

新入社員研修会

セビリア.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

3/25(月)〜3/29(金)の5日間、
新入社員研修会を行っております。

ヘアスタイル研修では、
地元の美容室(セビリア様・ラスティックヘア様)から講師をお招きして
ホテル従業員としてふさわしいスタイルを学び、

時代のIT化に伴い『SNSと守秘義務』についても講習を受けました。

4/1(月)からはグループ施設各館に配属されます。
5日間で学んだことをしっかりと実践して頑張ってほしいと思います!!

新玉ねぎ

こんにちは。夢海游淡路島の濱岡です。暖かくなったと思いきや、寒い日もちらほらありますね。
風邪には十分気をつけたいです。

さて、今回ご紹介するのは「新玉ねぎ」です。淡路島では新玉ねぎの出荷が一部4月から始まります。新玉ねぎにも種類があるようで早生種の七宝早生、5月下旬からは中生種、6月中旬には晩生種となるんですね。

淡路島たまねぎといえば柔らかい、甘いというのが特徴ですが、淡路島の新玉ねぎは特に、柔らかく辛味が少ないのが特徴です。

煮ても焼いてももちろんおいしくいただけますが、お勧めは生でオニオンスライスで食べるのがいいです。
当館ではまだ扱っていませんが、4月以降料理に使われると思いますので、お越しの際は味わってみてくださいね。

淡路島の気になる所(人物)

皆さんこんにちは、夢海游歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回は、淡路島の歴史に関して三回に分けて書いて行きたいと思います。
それでは早速参りましょう。

国生み神話.jpg

まず、淡路島は国生み神話の中では日本列島の中で伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が一番最初に創造した島であるといわれています。
「古事記」では、淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)と書かれていて、
「日本書紀」には、淡路州(あわじのしま)と書かれていて、「淡路」の語源は「路」や「道」は現在の「地」の意味であったと考えられるので、最初に完成することが出来た尊い土地という意味で名づけられたものと考えられているそうです。
 この「国生み」なのですが、ご存知の方も多いとは思いますが、「古事記」と「日本書紀」では島の名前も伊弉諾尊・伊弉冉尊の行動も少し違います。
「日本書紀」では「国生み」を2神が自発的に行うような内容になっているのですが、「古事記」では、2神は天津神に命じられて行うような内容になっています。
 そして、「日本書紀」では淡路島が一番目の子供とされていますが、「古事記」では3番め(正確には)になっています。
よく調べてみると、「日本書紀」は書かれた当時陰陽道の影響を受けていたようで、伊弉諾尊・伊弉冉尊をそれぞれ、陽神・陰神と記してあったりします。
古事記の現代語訳を読んでみたんですが、プロポーズ?の言葉が結構なまめかしくて気になったので、ご紹介させていただきます。
伊弉諾尊
 「汝(いまし)が身(み)はいかに成れる」
伊弉冉尊
 「わが身はなりなりて成り合はざる処一処あり」
伊弉諾尊
 「わが身はなりなりて成り余れる処一処あり。故(かれ)このわが身の成り余れる処を以て、汝が身の成り合はざる処を刺し塞ぎて、国土(くに)を生み成さんと以為(おも)ふ。生むこといかん。」
どうですか?文体は難しいかもしれませんが、結構ハードな内容ですよね。
でもこうして2神は次々と島々を生み出して無事に国生みを終えることになります。
さて、先ほど「古事記」では淡路島は3番目の子供と言いましたが、1番目と2番目は子供に数えないと記載されてはいるんですが・・・・。
では、その数えられなかった子供たちについては次回のブログで書きたいと思います。

それでは今回はこの辺で、また次回のブログでお目にかかりましょう。

淡路島バーガー

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの梅野です。

まだ寒い日もございますが、だんだんと春本番が近づいてきていますね。
突然ですが、淡路島の食べ物と言えば何を思い浮かべますか?
今回は淡路島のご当地グルメ “淡路島バーガー” についてご紹介いたします。

淡路島バーガーとは玉ねぎや淡路ビーフ、海鮮物などの
淡路島の食材を使用いたしましたハンバーガーでございます。

私が初めて食べたのは、道の駅うずしおのオニオンビーフバーガーなのですが、
味付けの異なる玉ねぎ数種類と、淡路ビーフの旨味が
口いっぱいに広がったことを覚えています。
特に、玉ねぎは淡路島産特有の甘さがあり、
淡路島の玉ねぎはこんなに美味しいんだ!と衝撃を受けました。

ハンバーガーは一口頬張るだけで、いくつもの淡路島の食材を
一緒に味わえるというところが魅力でございます。

淡路島にお越しの際は、ぜひ淡路島バーガーを召し上がって
淡路島の食材をご堪能くださいませ。

また、3月30日にはイングランドの丘にて
「第2回 淡路島バーガーフェスタ2013」が開催いたします。
お店によって味付けはもちろん、こだわりも様々!
この機械に淡路島バーガーを食べ比べてみてくださいませ♪

入社式☆

2013入社式.jpg
先日、ホテルニューアワジグループ入社式があり、
119名の新入社員を迎え入れました。

3/25(月)〜3/29(金)は淡路島のグループ施設に配属になる83名で
事前研修会を行い、
4/1(月)より各館へ配属されます。

新入社員の活躍に期待し、
先輩社員も良いお手本になれるようこれからも頑張りたいと思います。

4月26日生しらす解禁!!

こんにちは。マルチタスクの菊本と申します。
最近は暖かくなっており、旅行に最適な時期がだんだん近付いてきましたね。
もうすぐ4月。
4月の淡路島と言えば桜がきれいな曲田山
梅が綺麗な広田梅林
桜鯛
そして本日私が紹介をさせて頂くのは、淡路島の“生しらす”です。

生しらすは淡路島の北にある岩屋港で水揚げされたもので、約30の店舗で頂くことができます。
昨年、お客様にも“しらすがおいしいお店はどこ?”とよく聞かれました。
そこで私は昨年、道の駅あわじにて人生で初めて頂いてきました。
海鮮丼の上に生しらすが乗っており・・・おいしさを伝えるのが難しいのでぜひ、召し上がりにいらしてくださいませ(^^)
淡路島のお魚のおいしさにはいつも感動させられています。

今の時期しか頂けない淡路島の生しらす、海鮮をぜひ皆様も味わってみてください。