マダコ

こんにちは!夢海游淡路島の濱岡です。もぅ半袖で動けるくらいの気候ですね。
私にとっては過ごしやすい気候になってきました。

今回ご紹介するのは「淡路島の真蛸」をご紹介します。
淡路や明石の蛸は瀬戸内海には真だこの大好物の 小さなカニや小エビがたくさん生息しています。
タコは毎日ご馳走をたっぷり食べて大きく育ちます。そして瀬戸内海は潮の流れが速く、蛸の身が短く太く育ちます。柔らかい食感と、甘みが口に広がり、さっぱりとしているため美味しくいただけます。
この淡路の真蛸を当館、五月に「四季彩ダイニング浜房」では蛸しゃぶで提供いたしております。
こちらはポン酢で召し上がるのでよりさっぱりとした味わいでいただけるかと思います。

淡路島の気になる所

みなさんこんにちは、歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回は庚午事変という、幕末に起こった事件について書いていきたいと思います。
さて、どんな事件だったのでしょうか?早速見ていきましょう。

庚午事変.jpg

庚午事変(別名稲田騒動)とは一言で言えば、明治維新の際に阿波徳島藩の内部で起きた内輪もめで、徳島(阿波藩)にとってみれば、江戸期を通して阿波藩の領地であった淡路島がこの内輪もめのせいで結果的に今の兵庫県に移ったという事件です。詳しく解説してみましょう。
阿波藩の蜂須賀家というのは、もとをただせば尾張の豪族で、戦国末期に豊臣秀吉に仕えたことでとんとん拍子に出世して阿波の国と淡路の国2国を得ました。秀吉に使えた初代の蜂須賀小六正勝は(太閤記などでは盗賊の親分として日吉丸こと秀吉と矢作橋で出会うことになっていますが)生涯秀吉の側に仕えていたようで、その子である蜂須賀家政が阿波藩の藩祖となっています。
稲田家というのは戦国期この蜂須賀家と同格の盟友だった一族ですが、秀吉の配下に入るにあたり、指揮系統上蜂須賀の下にまわり、そのまま蜂須賀家が国持ちの大名になってからもその家老職に甘んじてきた家でした。そんな稲田家に対し蜂須賀家は、淡路の国1国と阿波国内の美馬郡を領地に与えるという最大の待遇で遇しており、平和な時代はそれでこともなく過ぎていました。
ただ稲田の家来は、蜂須賀の家来と違って、蜂須賀の家来の家来ということで差別を受けていたようで、その不満は蓄積されていたようです。
実際、徳島本藩の家臣は士族とされましたが、稲田氏の家臣は卒族とされた事に稲田氏の家臣は納得できず、自分達の士族編入を徳島本藩に訴えかけた。それが叶わないとなると自分達が士族になるために、洲本を中心に淡路を徳島本藩から分藩独立させて稲田氏を藩主とする稲田藩(洲本藩)の設立を目指すようになり、明治新政府にも独立を働きかけていくようになりました。
このことで稲田側は幕末時の活躍によりすぐ認められると思っていたようです。
こういう状況にさらに火をつけることになったのが明治維新の動乱でした。
幕末維新の動乱期に、時勢を読む眼もなく確固たる藩の姿勢もなかった阿波蜂須賀藩は様子をみて勝ちそうな側につこうとしました。

さて、そんな蜂須賀家にたいして稲田家、また両家に対して当時の政府は
どのような捌きを下すのか、次回のブログをお楽しみに。
それではまた次回のブログでお目にかかります。

ジェラート

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの澤田です。

先週までは肌さむい日が続いていましたが、
ここ数日で一気にあたたかくなりましたね!

そんな、ちょっと暑くなってきた頃に
冷たいものが食べたくなりませんか??
今回はおいしいジェラートのお店を紹介したいと思います。

28号線沿いのすえひろ緑店です。
洋菓子店で、ケーキや焼き菓子などもございます。
春限定のさくらもちといちごみるくをいただきました。
すえひろ.jpg
さくらもちは求肥が入っていて桜の風味がたっぷりでした。
お値段もリーズナブルで、定番のミルクアイスもおすすめです!


amazonでも購入することが可能なのでぜひ一度お試し下さい^^

売店のオススメ商品 ―3品目―

皆さまこんにちは。
夢海游 淡路島 給田です。

今回も当館売店の商品をご紹介します♪
さて、気になる3品目は・・・



金時ラング.jpg

『鳴門金時ラング・ド・シャ』でございます。
前回に引き続き、今回も鳴門金時を使用したお菓子を♪

『猫の舌』の意味を持つラング・ド・シャというクッキーで、金時芋風味のチョコレートをサンドしたお菓子です。
やさしい甘さが絶妙な一品♪
パッケージも可愛らしく、特に女性の方にお喜び頂けると思います。

お友達へのお土産にも、ご自身へのお土産にもオススメしたいお品です♪

では、また次回お目にかかりましょう。

GWビンゴ大会☆

BINGO1.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

恒例のBINGO大会、
5/3・5/4・5/5の3日間開催いたします!!

場所:1階ロビー特設会場
20:30〜受付
21:00〜スタート!
ビンゴカード1枚¥1,000(ソフトドリンク付)

景品は、淡路島の特産物・お子様向けのおもちゃなどを準備しております♪
GWの思い出に、ぜひご家族でご参加くださいませ!!

《【GW限定】バイキングで愉しむ★春のファミリープラン》

GWお出かけオススメ情報

今回はゴールデンウィークのお出かけにオススメ情報をご紹介させて
いただきます。ゴールデンウィークは淡路島で楽しい思い出を
是非、お持ち帰りくださいませ。

■エルマガジン「Richerリシェ」2013年5月号は淡路島特集

京阪神に暮らす大人の女性のためのライフスタイルマガジン
「Richerリシェ」。2013年5月号は淡路島特集そのタイトルは
「家族でおでかけ淡路島」。島の最新ニュースやドライブでの
お立ち寄りスポットやお土産など、淡路島の魅力がいっぱいです。
書店にお立ち寄りの際は、是非お手にとってご覧下さい。

■エルマガジン「Richerリシェ」2013年5月号は淡路島特集の詳細はこちら


■淡路花祭 2013春

色々な花々が次々と咲き誇る色鮮やかな淡路島はこれからの季節が一
いい時期です。
奇跡の星の植物館の「花見の庭」、 国営明石海峡公園「春のカーニバル」、
うずしおドームなないろ館前ではシンボルオブジェ「渦潮と大鳴門橋」、
など、淡路島全土をあげて盛りだくさんのイベントが催されています。
花を愛で、ゆったりとした寛ぎの時間をお過ごしくださいませ。
また、花の施設を巡って答えを集めると豪華賞品が当たるクイズラリーや
人・花フォトコンテスト作品も募集しています。
淡路花祭の開催を機会に、是非淡路島にお越しいただき、自然豊かな
淡路島をご堪能ください。

■淡路花祭 2013春の詳細はこちら


■淡路ファームパーク イングランドの丘

「GWはイングランドの丘で黄金体験」と題し、4月27日から5月6日まで
毎日日替わりで様々なイベントが開催されます。ものまねライブや
ヒーローショーや動物ショーなど、お子様と一緒に楽しめるイベントが
盛りだくさんとなっています。
また、コアラの赤ちゃんの愛称を募集しています。採用された方には
商品がプレゼントされますので是非、応募してみてくださいませ。

■淡路ファームパーク イングランドの丘の詳細はこちら


■淡路ワールドパーク ONOKORO

2013年3月リニューアルOPENしたこちらの施設ではNEWアトラクションとして
「ジップラインアドベンチャー」と「3階建て立体迷路」などが仲間入り。
従来からある有名建築物や世界遺産、古代文明の遺跡を再現したミニチュア
ワールドや童話の森なども合わせお楽しみ下さいませ。
4月28日、5月4日、5月5日はお子様に大人気のキャラクターショーも
開催されます。ご家族でご一緒にお楽しみくださいませ。

■淡路ワールドパーク ONOKOROの詳細はこちら


■城下町洲本レトロなまち歩き

城下町洲本に残る煉瓦倉庫や町家や通りが、素敵なお店でにぎわう2日間。
古い建物を活かした魅力的なお店や地元の食を気軽に楽しめるイベントと
なっています。レトロな洲本のまちをのんびり歩いてみませんか。
多くの人にこのまちの魅力と可能性を知ってもらいたいと思います。

■城下町洲本レトロなまち歩きの詳細はこちら

淡路島の気になる所

皆さんこんにちは、歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回は先週に引き続き、縄騒動のお話です。
大人しかった村人たちが、ついに一人の英雄が立ち上がります。
それでは行ってみましょう。

縄騒動.jpg

その英雄というのは、淡路国三原郡宮村(現在の三原郡緑町広田)の才蔵という一人の男性でした。
この悪政はゆるせないと、檄文を各村々に回して、天明2年5月、村の八幡宮で
早鐘を鳴らして村人を集めて洲本のお城を目指して行進。はじめは数百人だった
人数も、途中、参加者がふえて、洲本の桑間川で役人たちと相対するときには数千人にまで膨れ上がっていたそうです。
そこで役人は才蔵から事情を聞いて、要望を聞き届けてもらうように約束したので、才蔵たちは引き返します。
阿波徳島藩からも事情調査があって、結局、悪役人は処罰され、新法や会木綿会所、縄会所は廃止になったみたいです。
でも前回も書いたように、強訴は犯罪なので、才蔵は打ち首になってしまいます。
その才蔵が逮捕される時の話が、自分の家で奥さんと仲良く談笑していた時、急に「上意!」ととりかこまれたそうです。才蔵は、覚悟はしてたんですが、今日来るとは思っていなかったので、文句を言おうとしたんだそうです。
その時、奥さんが静かにおしとどめて、いさぎよく縄をうけさせるようにはげましていっしょに最後の食事をとり、送りだしたそうなんです。奥さんは、その後、さらされた夫の首を奪いとって丁重に埋葬したって言う話です。
淡路島の緑町広田(大宮寺)に「天明志士記念碑」という大きな石碑があるんですがそれはこの一揆を記念したものらしいです。

こんな平和な淡路島でもこんな事があったんだなと思いました。

それではまた次回のブログでお目にかかります。
次回は庚午事変(稲田騒動)についてお話させていただきます。

春のお花

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの梅野です。
ようやく寒さもなくなり、春の装いで出かけられる陽気になりました♪

春と言えば桜ですが、桜も散ってしまい少し寂しいですね。
しかし、春に見頃をむかえる花は他にも様々ございます。
そこで私は先日、淡路市にある“あわじ花さじき”へと
春の花を見に行ってまいりました。

私が訪れたときは菜の花が満開で、
一面が黄色に彩られ、とてもきれいでした♪
今ではリナリアやムラサキハナナも見頃をむかえているようです。

また、花さじき全体を見渡すことのできる展望デッキもあり、
花だけではなく、神戸の街や明石海峡大橋、海も見え、
淡路島ならではの絶景を楽しむことができます。

ぜひ、淡路島で春のお花と絶景を楽しんでくださいませ。


DSC_0414.JPG

大浜海岸で砂遊び♪

大浜海岸2013.jpg
皆さまこんにちは!
夢海游淡路島の櫻井でございます。

過ごしやすい爽やかな気候になりましたね。
当館の目の前、大浜海岸を散歩される方も気持ち良さそうです♪

当館では『砂遊びセット』の無料貸出がございます。
お子様と一緒に、海辺でのんびり過ごす休日はいかがでしょうか☆

淡路島牛乳

淡路島牧場.jpg
こんにちは。夢海游淡路島の濱岡です。

今回は「淡路島牛乳」をご紹介します。
甘みが強く、濃厚な味わいが特徴です。

この牛乳、なんと!淡路島牧場では無料で飲み放題!
飲みすぎでおなかを壊さないようにw

また、この淡路島牧場は乳搾り体験、バター作り体験等もございます。
入場料も無料ですので、ぜひ一度淡路島にお越しの際は訪れてみてください。