夏の涼を感じる伝統の淡路手延べそうめん

淡路手延べそうめん
暑い夏に大活躍の食材といえば「そうめん」。食欲がない時でもつるっと
食べられます。実は淡路島は手延べそうめん作りが盛んなんです。
淡路手延べそうめんが作られるのは10月〜3月の寒い時期で、漁師の冬の
副業として広まったと言われています。機械化が進む他の大規模産地と違い、
現在でも昔ながらの手作業を多く残した手延べ製法で、滑らかで美しく美味
しいと評判です。
また、出来上がった麺を蔵でじっくり寝かし、1年以上熟成した物は古物
(ひねもの)と呼ばれ、茹でても「コシ」が強く、茹でのびしにくい麺に
なり、一番の食べ頃は2〜3年ものと言われます。

お土産にも喜ばれる伝統の淡路手延べそうめんで、ご家庭でも冷たくて喉ごし
爽やかな夏の涼をお愉しみください。