新造高速船「まりん・あわじ」就航 淡路ジェノバラインで淡路島へ渡ろう!

新造高速船「まりん・あわじ」
淡路島への移動は自動車や高速バス利用して明石海峡大橋を渡ることが
多いのですが、全長3,911mの明石海峡大橋も車で渡れば僅か3分ほど。
旅の移動も楽しみたい方には船がお勧め。本州の明石と淡路島の岩屋を結ぶ
高速船 淡路ジェノバラインは明石海峡大橋の真下をくぐって航行し、所要
時間13分間のショートクルージング気分を味わえます。晴れの日には甲板で
潮風を感じてみるのはいかがでしょう?

今年8月からは新造高速船「まりん・あわじ」が就航しており、明石港の
浮桟橋完成を待って、9月23日(水)より125ccまでのミニバイクも積載で
きるようになります。

■明石と淡路島を結ぶ高速船 淡路ジェノバライン
http://www.jenova-line.co.jp/index.php

淡路島を自転車に乗って巡る旅

awajimap1.jpg
course1.jpg
自転車で一周150kmの淡路島を走りきる通称“アワイチ”は関西圏のサイク
リストにとって知らない人がいないほどの定番のコースになってきています。
今年も10月25日(日)に開催される10時間でアワイチに挑戦する淡路島ロング
ライド150は、受付を開始すると早くから参加人数が定員の2,000人に達する
人気イベントです。

そんなサイクリストの楽園ともいえる淡路島では、ビギナーからトップライ
ダーまで満足できるコースの紹介や、休憩ポイントの計画やペース配分に
役立つサポート情報などを織り込んだ「淡路島サイクリングマップ」を用意
しています。こちらは島内の観光案内所やコンビニエンスストアなどで手に
入れることとができます。

体力に自信が無い方は、もっと気軽に自転車で観光を楽しむポタリングは
いかがでしょうか?夢海游 淡路島でもレンタル自転車を用意しており、手軽に
ご利用いただけます。ホテル周辺は大浜海岸や三熊山、レトロな街並みが残る
市街地などユーモアに富んだロケーションでポタリングには最適。適度な運動
をした後は温泉で疲れを癒し、地元のグルメを味わえば淡路島の魅力を余すこ
となく堪能できますよ。

島内各地で秋の花々を楽しめる多彩なイベント「淡路花祭2015秋」

淡路花祭2015
花を通じて淡路島を楽しめる「淡路花祭2015秋」が開幕しました。
11月8日までの期間中は、島内各地の公園や観光施設で秋の花を楽しむ
さまざまなイベントが繰り広げられます。
洲本市民広場では、葉の色が美しい野菜や食べられる花(エディブルフラワー)
を使った「彩りベジタブルガーデン」の展示や、隣接する洲本図書館では
淡路花博2015花みどりフェアで募集を行った人・花フォトコンテスト入賞
作品の展示があります。
また、花の施設を巡ってクイズに答えると抽選で豪華商品が当たる
「花物語クイズラリー」も実施中ですので、ぜひチャレンジしてみて
ください。花の各施設では期間中、コスモス、ダリア、サルビアなどが
次々と見頃を迎え、色鮮やかに咲き誇る花の中でのんびりとした時間を
過ごすことができますよ。

■淡路花祭2015 公式ホームページ
http://www.awajihanamatsuri.com/