あわぢびーる

こんにちは。飲料部の田中です。本日は食材ではなく、飲料を紹介します。

beer_it.jpg


ここ淡路島では、「あわぢびーる」が好評です!「あわぢびーる」とは、熱処理をしていない生きた酵母の味をそのまま味わって頂ける淡路島のビールです。工房から心を込めて手作りで出荷しておりますよ。通常のビールに比べて賞味期間は約3ヶ月と短めですが、手作り感があふれております。味は3種類(ピルスナー・ヴァイツェン・アルト)ございますが、特徴について簡単にご説明致します。

そもそも「ピルスナー」とは、皆さんはあまり聞いた事のない名前だとお思いでしょうが、実は、そうではありません。世界でもっともポピュラーなビールで、日本のビール(例えば、アサヒビールやキリンビールなどなど)もこの系統に属します。世界中で醸造されている大半は「ピルスナー」スタイルだそうです。
「ピルスナー」は、チェコのプルゼニが発祥の地で、世界で最もポピュラーなビールで、爽快な喉ごしで、ホップの苦味が特徴です。

「ヴァイツェン」は、南ドイツ地方で、小麦麦芽で造られている白ビール。フルーティーな味わいで、バナナやりんごを思わせる豊かな果実の香りが特徴です。ドイツ南部で親しまれているビールのスタイルです。又、ヴァイツェンは、ヴァイスビアとも呼ばれています。

「アルト」は、カラメル麦芽を大量に使用した、香ばしさとコクを強調したビールです。ホップの苦味もバランスが良く、起源はデュッセルドルフと北ライン地方ですが、今ではドイツ全国で広く飲まれています。「アルト」は、ドイツ語で「古いビール」という意味で、旧式の醸造法である上面発酵を指しています。

是非、淡路に来た際はあわぢびーるを召し上がってみてください。

館内施設

kasai

こんにちは。
本日もブログ書かせていただく河村です。

本日は館内の施設で会議室について紹介します。

当館の会議室は大きいものでは217屬ら小さいものでは36屬里發里泙嚢膩廝寛饐譴棺猗しております。用途によりスクール型、シアター型、ロの字型、その他の型をご準備いたします。
また、会議室だけではなく洋宴場のお食事会場としても使用していただけます。

『花綵(かさい)』  217屐  本館4F  
『まほろば』    145屐  本館4F
『コスモス』    108屐  本館1F
『第一会議室』    36屐  東館1F

ご宿泊の方はもちろん、日帰りで会議室のみのご利用も予約お受けしております。
時間帯や日にちにより、料金も変動しますのでお電話でのお問い合わせをお待ちしております。

※写真は本館4階の『花綵』です。

淡路島で釣り

こんにちは。
河村です。

本当に温かくなりましたね。
汗ばむ毎日でございます(汗)

淡路島は気候もよくなり当館に宿泊のお客様で釣りに出かける方が多くなってきました。
近くにテトラポット、防波堤があり穴釣りや投げ釣りが主流です。
春から夏にかけてはメバル、べラ、グレ、キス、ガシラなどが良く釣れています。

釣ってきた魚は当館で調理することも可能です。(加工料が必要です)
釣ってきた魚を食べれるのはいい思い出になりますね。

ちなみに当館では釣竿の手配も行っておりますので一式レンタルできます。
リール竿でしたら2625円(エサ、仕掛け付き)で2本から手配しております。要予約。

ご家族、カップルで是非旅の思い出を。
夢海游淡路島がサポート致します!!!

テトラポット

東山寺のフジの花

皆さんこんにちは。奥野です。

今日は5月上旬に見頃を迎える花・・・フジの花の名所、淡路市長澤にある東山寺をご紹介します。
東山寺は、当館、夢海游淡路島からだとお車で約40分。
ここも前回ご紹介した伊勢の森神社と同様、山の中にございます。
東山寺は、嵯峨天皇の頃の820年(平安時代)、弘法大師がイザナギ神宮の鎮護と庶民信仰の中心として開祖された由緒あるお寺です。
淡路島へお越しの際はよろしければ一度フジの花をご覧に立ち寄られてはいかがでしょうか?

それでは今月はこれにて失礼します。
また来月お会いしましょう!