売店のオススメ商品 ―8品目―



tamati-小.jpg

皆さんこんにちは。
夏休みも半分が過ぎましたね。いかがお過ごしでしょうか。

今回も当売店のオススメ商品をご紹介いたします。
今回はこちら!! 『オニオンチーズ』 蒲鉾です。

玉ねぎとチーズの組み合わせが至高の一品でございます。
お酒の肴にいかがでしょうか。
淡路島には美味しい地酒がたくさんありますよ♪

暑い日が続いていますが、夏バテには気をつけて下さいね◎
では、またお会いしましょう。

淡路島の気になる神社

皆さんこんにちは。
歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回皆さんにご紹介する神社は、炬口八幡神社です。

炬口八幡神社.jpg

御祭神は八幡神社なので、誉田別尊(応神天皇)です。
この神社は兵庫県神社誌には、921年に岩清水八幡宮より分霊されたとされています。
また、社前の灯篭には1786年12月三木田村とあります。
やはり他の関西地方の八幡宮と同じく、京都の男山にある岩清水八幡宮からの分霊ですね。
また仕事に余裕が出来てきたら、岩清水八幡宮にお参りに行って心も身体も癒されてこようと思っています。
あそこの境内にある大きな杉の木からは大きなパワーを感じます。
皆さんも神社に参拝に行かれた際には境内の大きな木に触れてみると何かを感じることが出来るかも知れませんよ。

余談はさておき、この炬口八幡神社か加茂にある下加茂神社が洲本で一番古い神社だったと記憶してるんですが、間違っていたらごめんなさいです。
また、この炬口八幡神社には、社宝とされている国の重要文化財にも指定されている新田義貞の甲冑があります。
お祭りのときにだけ公開されるそうなので、興味のある方は是非どうぞ。
八幡神社は、日本で一番多い神社といわれているので、出てくるたびに同じ内容の文になってっしまうのが心苦しいですが、ご勘弁ください。

それでは今回のブログはここまでにさせていただいて、次回のブログでお目にかかります。

※写真は炬口八幡神社です。

電気自動車の急速充電スタンドのご案内

img106_img_1375836457_3.jpg

グループホテルの淡路夢泉景では環境に優しい電気自動車でご旅行のお客様にも安心してご宿泊して頂けますよう、電気自動車充電スタンド(急速充電タイプ)を設置しています。

※ホテルニューアワジグループに宿泊のお客様は
 無料でご利用頂けます。
※淡路夢泉景までは夢海游 淡路島からお車で約5分です。

>>>詳細はこちらをご覧ください<<<

夢海游淡路島のパン屋さん♪

皆さんこんにちは。
新入社員の真尾です。
皆さんの夏休みはいかがお過ごしですか?

只今夢海游 淡路島ではパンの販売を行っています♪

img929_IMG_3292[1].jpg

私のおすすめは「ツイスト・バニラチョコレート」です。
それがこの写真の真ん中、長いパンです♪

img930_IMG_3293.jpg

このパンは、もちもちとした生地にチョコチップが散りばめられた
ツイストになっておりまして、とてもおいしく見栄えもよいパンでございます♪

是非一度ご賞味下さいませ。

海水浴

みなさん、こんにちは。
マルチタスクの西垣です。
夏らしい暑い日が続いていますね。
お身体にはお気をつけ下さい。


当館の目の前の大浜海水浴場は
連日大勢の海水浴のお客様で
賑わっております。


夏の間、当館宿泊のお客様には
チェックイン前でも海水浴に
行っていただけるように
クロークと更衣室をご準備しております。
またそちらで海水浴グッズの
貸出しも行っております。


ピーチグッズ


是非夏の思い出作りに
当館をご利用くださいませ。

花火大会☆

花火2013.jpg

8/4(日)、第66回淡路島まつりのフィナーレを飾る花火大会が行われました。

夢海游 淡路島は打ち上げ会場目の前の特等席☆

色鮮やかな大輪の花火と共に振動がドーンと身体に響き渡る大迫力に
大きな花火が上がると歓声があがっていました。

毎年お越し頂いているリピーター様も初めてご覧になった方も、
お電話にて来年の花火大会のご予約を承っています。
来年の、またのご来館をお待ち申し上げております。

淡路島の気になる神社

皆さんこんにちは、歴史関係ブログ担当の長尾です。
今回、ご紹介する神社はちょうどゲオの前あたりですかね。
神社の名前は、久郡斗神社(くなとじんじゃ)です。

久郡斗神社.jpg

さてこの久郡斗神社ですが、「久郡斗(くなと)」という神様をお祭しています。
その「くなと」という神様ですが、この神様はもともとイザナギが亡くなったイザナミに会いに黄泉の国に行った帰り、この世に戻る途中の洞窟で黄泉の国の鬼に追いかけられるのですが、その際色々な物を投げて果物等に変え、鬼たちがそれを食べている間にこの世に戻ってくるのですが、洞窟を出る前に投げた杖から生まれた神様と言われています。
その杖を投げた時、イザナギが「もう来なと!」と言って投げたと言われており、そこから、「くなと(久郡斗)」になったと言われています。
さて、そんな久郡斗神ですが、もともと辻(今で言う交差点)を護る神様でした。
陰陽道の考えでは、辻(交差点)は魔界への門がある所と考えられており、その門から鬼たちが出てくるのを見張っていた神様だといわれています。
それから転じて、道を守る神様即ち、交通安全の神様とか、魑魅魍魎からこの世を護る神様即ち、悪気払いの神様として信仰を集めているそうです。
恥ずかしい話ですが私はこの神様のことはあまり知りませんで、ずっと辻々を護っていたのは陰陽師だと思っていました。
冗談はさておき、イザナギはこの後川で禊をし、アマテラス・ツクヨミ・スサノオの3神を生むんですから、その点から見ても、かなり重要な位置にいらっしゃる神様なのだということがわかりますよね。
これからはちょくちょくお参りに行かせていただこうと思っています。

それでは皆様、今回のブログはこの辺で終わらせていただき、次回のブログでお目にかかります。

※写真は洲本久郡斗神社です。