トップページ
アクセスマップ リンク
宿泊プラン日帰りプラン客室レストラン温泉エステリラクゼーション施設観光お問い合わせ

家族で過ごすカップルで過ごす女性同士で過ごす夫婦で過ごすグループで過ごす
TOP >> 夢海游 淡路島 家族での過ごし方
家族で過ごす 待ちに待った家族旅行。夏の海水浴シーズンもちょっと時期を外せば
連泊してもとってもお得。大人も子供も大はしゃぎ。
海に山に、夢のような3日間をとことん遊びつくそう。
たっぷり遊んだ後は、個性豊かな温泉と淡路島で獲れた新鮮な食材を
ふんだんに使った料理も楽しみ。みんなが笑顔になれる旅に出かけよう。

お勧め
プラン:特典いっぱい!お子様歓迎★ファミリープラン

客室 :スタンダード和室
大阪から車で1時半間程で淡路島へ。途中ちょっと寄り道をしてから淡路島国営明石海峡公園へ。約100haの広大な公園には、沢山の花が咲き誇っている。大型遊具のある子供の森をはじめ、南国のイメージしたパームガーデンや、空のテラス、海のテラス、滝のテラスなど変化に富んだ造りで見所たっぷりだ。 淡路島国営明石海峡公園
淡路島国営明石海峡公園
淡路ワールドパーク ONOKORO 世界との交流をメインテーマに世界の文化との出会いを演出したテーマパーク。遺跡の世界、ミニチュアワールドでは、ピサの斜塔や凱旋門などの世界遺産や古代文明の遺跡など、世界各国の代表的な建造物を1/25サイズで再現。ちょっとした世界一周の旅。観覧車、ゴーカード、芝すべりの遊具類も満載。特に子供は芝すべりが気に入った様子。
淡路ワールドパーク ONOKORO
お部屋は子供がいるのでゆっくり出来そうな和室にした。荷物を置いて子供は水着に着替え、さっそくフロントで砂遊びセットを借りてホテルの目の前の大浜海岸へ。子供は水辺ではしゃいだり、砂山を作って楽しそうだ。私たちは波打ち際で足をつけて海に来た気分を味わう。 砂遊びセット
貸切家族風呂「夢海」 夕食前に家族揃って貸切家族風呂に入り、家族水入らずなひと時。目の前の海岸が見渡せるテラスまであり広々としたお風呂だ。
温泉の詳細へ
夕食はお部屋食でのんびりと味わう。事前に子供にはアレルギーがあることを伝えてあり、子供にはアレルギー対応のお子様ランチが用意されていたので安心して食事ができた。食事は淡路牛あり、お刺身ありで満足な内容。 料理 部屋食
キッズコーナー 遊び足りない子供を連れてキッズコーナーへ。そこは木製のおもちゃや絵本もたくさんあるので子供も楽しそうに遊んでいました。隣にラウンジがあるので、コーヒーを飲みながら子供の様子を見つつ休憩。
施設の詳細へ
遊びつかれた子供を寝かしつけて本館の大浴場へ。地元の民話がモチーフになっている広い浴室でのんびり浸かる。 本館スパフロア「海風」
温泉の詳細へ
朝食バイキング 朝のバイキングは和食、洋食と種類もいっぱい。好きなものが自分でとれるので子供も大満足な模様。淡路名産の玉ねぎが本当に美味しかった。朝食後に本館の大浴場へ。昨日の夜とは男湯と女湯が入れ替わっていって、また違った雰囲気で入浴できた。
宿のすぐ裏手が山になっている。山頂までは宿のすぐ横の山道から歩いて行けるようだけど子供が小さいので、車で回り道をして行くことに。山頂付近の芝生で遊んだり、虫を捕まえたりして家族でゆっくりできる。山頂からの眺めも最高だ。 山頂からの景色 洲本城
淡路島牛丼 前もって予約をお願いしていたお宿の最上階にある個室料亭「磯辺亭」で淡路島牛丼を頂く。柔らかい淡路牛と甘みたっぷりの玉ねぎにふわトロの出し巻き卵が相まってとても美味しい。
.
お宿の最上階にある屋内プールは高い天井と自然光を取り入れる作りで開放感がある。大きくはないけれど子供が遊ぶには十分なくらいの広さだ。プールサイドにはビート板が準備されていて子供も大喜び。ジャグジーもあったのでリラックスできた。 屋内プール
施設の詳細へ
ホテルニューアワジ「棚田の湯」 滞在中はグループホテルの温泉も無料で利用できると聞いたので、ホテルニューアワジの温泉へ。「淡路棚田の湯」と「くにうみの湯」の2つあり、午後は男性風呂が淡路棚田の湯だ。淡路島の段々畑をテーマにした三層に分かれた湯船で、他にない珍しいデザインが面白い。 グループホテルの温泉まで楽しめるのは得した気分。
ホテルニューアワジ温泉
.
2泊目の夕食は四季彩ダイニング「浜房」でディナーコースを頂く。ダイニングでの食事は少し心配だったけど、子供用の椅子も用意してくれて、サービスのスタッフも気を使ってくれたので良かった。オープンキッチンになっているので調理の様子に子供も興味津々。食後のデザートビュッフェは子供も大満足だったようだ。 四季彩ダイニング「浜房」
四季彩ダイニング「浜房」の詳細へ
トリートメントスパ「白砂」 日ごろの感謝の気持ちを込めて妻にエステをプレゼント。その間、私はロビーで絵本を借りてきてお部屋で子供に読んであげる。
トリートメントスパ「白砂」
.
妻がエステから戻ると子供たちはすっかり寝てしまっていた。妻と交代で私は足を伸ばして離れの温泉「海音の森」へ。 離れの温泉「海音の森」
温泉の詳細へ
朝食バイキングは種類が多くて前日は食べられなかったおかずを楽しむ。
売店に立ち寄ってお土産も見ていこう。観光の為に9:30にチェックアウト。
淡路島牧場 初めて間近で見る牛にどきどきワクワク。仔牛にミルクをあげたり、搾乳したり、自分でバターを作ってみたりと、子供にとって貴重な体験メニューが一杯そろっている。しかも、新鮮で濃厚な牛乳はなんと無料で飲み放題。
淡路島牧場
.
淡路島の中央部に位置する自然と動物のテーマパーク。数ある施設のなかでも特に注目なのがコアラ館で、8頭のコアラを見ることが出来て、このほか、モルモットやウサギ、羊といった動物たちとのふれあいも体験できる。可愛らしい動物たちの様子は、周囲の自然ともあいまって、ほっと心を安らげてくれる。レストランで昼食を済ませて、今度は遊具施設へ。サイクルボート、おもしろ自転車、そして乗馬にも挑戦。 淡路ファームパーク イングランドの丘
淡路ファームパーク イングランドの丘




夢海游 淡路島 〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-50(大浜海岸)
TEL(0799)22-0203  FAX(0799)22-5207
(C)YumekaiyuAwajishima sea resort & spa All Right Reserved