水仙郷めぐり

水仙の日本三大群生地の一つである淡路島の灘黒岩水仙郷。例年12月下旬から2月下旬まで見頃を迎える灘黒岩水仙郷・立川水仙郷は日本有数の水仙の名所として知られています。海岸へ向かってなだれ落ちるような急斜面に数百万本の水仙が群れ咲く様は壮観。紀淡海峡を遠望する高台に咲き誇った黄色い水仙が風に揺れる姿はとても幻想的です。

灘黒岩水仙郷 灘黒岩水仙郷は、今から約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのがだんだん繁殖したとされていて、今ではここ淡路島の南部に位置する標高約608メートル・諭鶴羽山から海に続く45度の急斜面の一帯、約7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が咲き誇っています。( 花は一重咲きの野生の二ホンスイセンが中心で、わずかに八重咲きの花も混じり、1月を中心に12月下旬から2月下旬まで付近一帯、甘い香りに包まれます。
遊歩道をたどって斜面を登ると、一面に広がるスイセンのじゅうたんの先に、遠く沼島を望むこともできます。
住所 兵庫県南あわじ市灘黒岩2
TEL 0799-37-3012
立川水仙郷 紀淡海峡を望む柏原山の斜面に約500万本もの水仙が咲き乱れます。12月下旬から2月下旬まで、様々な種類の水仙が楽しめます。シーズン中は水仙の優しい香りが観光客を魅了します。
灘黒岩(南あわじ市)と同じく淡路島二大水仙郷になっています。山間の谷にある畑まで車で行くことができるので、車椅子の方・足腰の弱い方や幼児でも、鑑賞することができます。
住所 兵庫県洲本市由良町由良2877-22
TEL 0799-27-2653

空室検索・ご予約はこちら

空室検索・ご予約

閉じる

ホテルニューアワジグループ
季節
おすすめ

秋の特集ページ

淡路島3年とらふぐ