洲本城跡散策

夢海游 淡路島脇の登山道を通って20~30分程度の距離にある洲本城跡は、標高133mの三熊山山上にあり、戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の拠点となった城で、現在は往時をしのぶ石垣が残っています。城郭は戦国時代の様式をよく表しており、保存状態も良く、国の指定史跡、兵庫県の指定文化財に指定されています。
三熊山は、瀬戸内海国立公園に属し紀淡海峡を一望できる景色が素晴らしく、たくさんの貴重な植物も自生しています。春には山全体が薄紅色に覆われる桜の名所で多くの花見客で賑わいます。
周辺は公園として整備され、競馬場跡や芝居好きのタヌキで有名な芝右衛門狸の祠など史跡も多く残ります。

住所 兵庫県洲本市小路谷1272-2
TEL 0799-22-3321(洲本市商工観光課)

空室検索・ご予約はこちら

空室検索・ご予約

閉じる

ホテルニューアワジグループ
季節
おすすめ

秋の特集ページ

淡路島3年とらふぐ